1. HOME
  2. クラブを買う
  3. はじめてクラブを買う方へ

はじめてクラブを買う方へ

これからゴルフをはじめる方にゴルフパートナーがクラブ選びを丁寧にレクチャーします。

ゴルフクラブの用途と選び方

ラウンドするときは最高で14本まで使用することができますが、初心者はまず12本を目安に揃えましょう。
オススメの組み合わせは、ドライバーが1本、フェアウェイウッドが5W、7Wの2本、アイアンが5~9番までの5本、ウェッジがPW、AW、SWの3本、パターが1本の12本です。
初心者の方は3番、4番アイアンは扱いが難しいため上達するまでは入れない方がいいでしょう。
それでは、まず各クラブの特徴と選び方を解説します。

各クラブ使用例

ドライバー選びのポイント

ドライバー

第1打目に使用するため、最も距離が出ますが、他クラブよりも長く、芯に当てるのが難しいクラブです。

  • Point1

    シャフトの長さ
    長いクラブは芯に当てるのが難しいため初心者の方は、45インチ以下のものを選びましょう。
  • Point2

    ヘッドの大きさと重さ
    ヘッドが大きいとスイートエリアが広くなりミスをカバーしてくれますのでヘッドは400cc〜460ccの大きめのものを選びましょう。重さは少し重めがオススメです。
    一般男性の場合、295〜315グラムぐらいがオススメです。
  • Point3

    打球面(ロフト)の角度
    打球面は10度以下だとボールが上がりづらくなってしまうため、初心者の方は10度以上のクラブがいいでしょう。

フェアウェイウッド選びのポイント

フェアウェイウッド

主に距離を残した2打目に使用するもので、3W、4W、5W、7Wと数字で分けられ、数字が小さいほど距離が出しやすく、ボールが上がり出づらくなり、数字が大きくなるほどボールが上がりやすく、距離が出づらくなります。

  • Point1

    組み合わせ
    初心者の方は5Wと7Wの組み合わせが使い易くオススメです。5Wは3Wに比べると飛距離は出ませんが、打球面が18度前後あるため、ボールを上げやすい作りになっています。
    また、ドライバーとFWはブランドもしくはヘッドの大きさシャフトの硬さが揃っていた方がフィーリングが良くなり使い易いでしょう。
  • Point2

    重さ
    初心者は軽すぎるクラブよりも、少し重めがおすすめです。
    一般男性の場合、5Wは310~330グラム、7Wは315~335グラムぐらいが良いでしょう。

ユーティリティ選びのポイント

ユーティリティ

ユーティリティはフェアウェイウッドとアイアンの中間型で、つなぎのクラブとして理想的です。
ユーティリティの方がロングアイアンより球が上がりやすく打ち易く初心者にオススメです。

  • Point1

    打球面の角度
    ユーティリティを選ぶ際は、打球面の角度が非常に重要です。飛距離がアイアンやフェアウェイウッドとかぶってしまうこともあります。自分に必要な飛距離を考えて選びましょう。
  • Point2

    シャフト
    シャフトの硬さはドライバ―やアイアンなどと合わせた方が、他のクラブとのフィーリングが良くなり使い易いでしょう。

アイアン選びのポイント

アイアン

グリーンを狙うときに使用するクラブです。アイアンには3~9番まであり、数字が小さいほど距離が出しやすく、ボールが上がり出づらくなり、また数字が大きくなるほどボールが上がりやすく、距離が出づらくなります。

  • Point1

    種類
    アイアンは主流となっているキャビティタイプがオススメです。キャビティタイプとは、アイアンのヘッド部の背面が凹状になっているもので、スイートエリアが広いため、ボールが上がりやすく、打ち損じのミスも軽減してくれます。
  • Point2

    重さ
    初心者は軽すぎるクラブよりも、少し重めがおすすめです。
    一般男性の場合、370~410グラム(5番アイアン)ぐらいがいいでしょう。
  • Point3

    シャフト
    あまり重いクラブは初心者にとって扱いにくくなるので、力に自信のある方でなければ、カーボンシャフトを選ぶほうが良いでしょう。

ウェッジ選びのポイント

ウェッジ

ウェッジにはサンドウェッジ(SW)アプローチウェッジ(AW)ピッチングウェッジ(PW)などの種類があります。AW、PWはフェアウェイからグリーンに乗せる時、SWはバンカーなどで使用します。

  • Point1

    打球面(ロフト)の角度
    AWは50~52度、SWは56~58度が目安。そしてAWとSWのロフト(フェース面の角度)差が6度前後になるように購入すれば、距離の打ち分けがしやすくなります。
  • Point2

    組み合わせ
    アイアンとヘッドの大きさ、シャフトの硬さを揃えるとフィーリングが良くなり使い易いでしょう。
  • Point3

    シャフト
    ウエッジ(AW、SW)はコントロールが要求されるクラブなので、アイアンよりも重めのシャフトの方が、クラブをゆったり振れるためオススメです。

パター選びのポイント

パター

パターは、ウッドやアイアンと違って、主としてグリーン上でボールをカップに入れるために使います。したがって、パターは距離感と方向性がとても重要となります。

  • Point1

    形状
    パターの形状には、大まかに分けてL字型、T字型のほかに、カマボコ形状のマレット型などがあります。初心者には、打ったボールの直進性が高いマレット型がオススメです。
  • Point2

    長さ
    一般的に男性で33~34インチ、女性で32~33インチのパターが好まれていますが、パター選びは実際に手に持って、振りやすい長さのものを選びましょう。

ページトップへ