HOME > エンタメコンテンツ> Artist of golf
ゴルフと生きる芸術者たちのリアルドキュメント Artist of golf

2012年3月28日更新

►第12回 ギア選びからゴルフの魅力を伝える芸術者 PGAティーチングプロ・クラブフィッター 関雅史

クラブフィッターとして様々なメディアで脚光を浴びているギアの達人。PGAティーチングプロでもあり、ゴルフショップ店長でもある男の実態に迫る。

2012年2月22日更新

►第11回 勝負の世界へ舞い戻った芸術者 クラブデザイナー 増田雄二

ジャンボ尾崎の黄金期を支え、伝説のパターWOSSを創ったクラブデザイナー。自分の理想とするクラブづくりにこだわった男の生き様に焦点を当てる。

2012年1月25日更新

►第10回 プレーヤーと共に闘い勝利に導く芸術者 プロキャディ 佐藤賢和

ツアーを舞台に横尾要や有村智恵などトッププロのバッグを担いできたプロキャディがいる。この道に一歩を踏み出させたのは、あるプロからの1本のメールだった。

2011年12月28日更新

►第9回 コース管理を表舞台へ!芝とゴルファーを育てる芸術者 プレステージカントリークラブ グリーンキーパー 小林一久

年間11万人のゴルファーを楽しませるPGMの看板グリーンキーパー。そのストイックさは、芝以外にも向けられていた。意外と知られていない実態に焦点を当てる。

2011年11月16日更新

►第8回 石川遼を育てた手腕でジュニア育成の常識を変える芸術者 マジックゴルフチーム監督 吉岡徹治

かの石川遼や宇佐美祐樹、薗田峻輔を育てた日本を代表するジュニア育成のスペシャリスト。その華々しい実績の陰には、元物理教師ならではの独自の理論があった。

2011年10月19日更新

►第7回 ゴルフ場経営に新しい風を吹かせる芸術者 鳴沢ゴルフ倶楽部 営業支配人 渡辺由人

メジャーデビューまでしたクラブDJからゴルフ場運営の達人へ転身を遂げた異端児。2つの畑違いな業界で成功を遂げる原動力となった、独特の着眼点に迫る。

2011年9月21日更新

►第6回 長年のアマ競技生活を経てプロの世界に飛び込んだ芸術者 藤田大

今年、33歳にしてプロ転向したオールドルーキー。なぜトップアマからプロの世界に飛び込んだのか?そして、なぜ今までアマだったのか?等身大の藤田プロに迫る。

2011年8月24日更新

►第5回 二人三脚でゴルファーの“夢”を叶える芸術者 菅原 賢

名だたるプロゴルファー達に信頼されてきた名トレーナーがいま想うことは何か。十人十色の個性異なる身体と真摯に向き合う達人の軌跡を追う。

2011年7月20日更新

►第4回 作り手とゴルファーの間に真の“絆”を作るクラブ作りの芸術者 進藤 健

もっとクラブを愛して欲しいから、手間と情熱は惜しまない。0.1mmの世界へのこだわリを貫き通す、名クラフトマンの素顔に迫る。

2011年6月15日更新

►第3回 ゴルフ場レストランの“常識”打破に挑む食の芸術者 鈴木良夫

ゴルフとは切っても切れない食事。そんなゴルフ場を夢の舞台に選んだひとりの食の匠がいる。彼が挑むのは“悪しき常識”の打開。

2011年5月18日更新

►第2回 シャフトの歴史に新風を刻み続ける芸術者 赤塚 恒夫

シャフトの歴史を創ってきた風雲児の素顔に迫る。技術者としての成功から、その先にある新たなステージが生まれた。

2011年4月20日更新

►第1回 ゴルフに生きる飛距離の芸術者 安楽 拓也

ドラコンプロという職業を確立した「飛ばし」の達人に迫る。初めてのドラコン参加には思いがけない背景があった。