HOME > エンタメコンテンツ> 新ゴル語辞典
新ゴル語辞典

2012年6月27日更新

►Vol.33 「逆ダマ」

新ゴル語辞典、ひとまず今回でひと段落です。今回は、ゴルファーを悩ますスライスとも関わりが強いワード。スライスとどう付き合っていくのかは、ひとつのゴルフ哲学といえます。

2012年6月13日更新

►Vol.32 「スイングプレーン」

雑誌やレッスンでよく使われるキーワード。理想的なスイングに近づくことが、上達への最短ルートなのは重々わかっているんですが…。その軌道が目に見えると便利なのに。

2012年5月30日更新

►Vol.31 「誤球」

ナイスリカバリー!のはずが「もしかして…」から始まる同伴者のひと言で急転直下。「寝る前の火の元」と同じぐらい「打つ前の足元」にもよくよく注意していきましょう。

2012年5月16日更新

►Vol.30 「四大メジャー」

マスターズによる睡眠不足な日々が記憶に新しいですが、来月にはまたまた全米オープンが開催。眠気と興奮の織り交ざった至福の日々がやってくる前にいったん復習しておきましょう。

2012年5月2日更新

►Vol.29 「グースネック」

日本では何故かあまり受け入れられないけど、とってもお助けなクラブ。日本人は曲がったことが嫌いなのか。それとも弱点は気合で克服したいのでしょうか…

2012年4月18日更新

►Vol.28 「調子」

シャフトの力は偉大です。リシャフトするとまったく違うクラブに生まれ変わりますよね。そんなシャフト選びの第1歩が、自分に合った調子を知ることです。

2012年4月4日更新

►Vol.27 「ハンマーバランス」

第27回目のワードは「ハンマーバランス」。物理の法則だけで考えるとヘッド重量に比例して衝突エネルギーも強くなる。ただし、それを最適なスピードで振れるかどうかが問題なんですよね。

2012年3月21日更新

►Vol.26 「19番ホール」

第26回目のワードは「19番ホール」。タイミングや言い方を間違えるとセクハラ化してしまう危険なゴルフスラング。その普及範囲は日本だけに止まりません。

2012年3月7日更新

►Vol.25 「ゴルフ保険」

第25回目のワードは「ゴルフ保険」。ゴルフ保険=上級者の為のホールインワンの備えではないんです。さて皆さん、ホールインワンが出る確率ってご存知ですか?

2012年2月22日更新

►Vol.24 「ギア効果」

第24回目のワードは「ギア効果」。知らず知らずに恩恵を受けているありがたい効果。打点が芯から外れてもミスショットになりにくくしてくれてます。

2012年2月8日更新

►Vol.23 「タラコ」

第23回目のワードは「タラコ」。 バブル景気とほぼ同時期に突如降臨した元祖お助けクラブ。いまやこのタイプ無しでは語れないほど浸透してます!

2012年1月25日更新

►Vol.22 「慣性モーメント」

第22回目のワードは「慣性モーメント」。 物理のことなんてすっかり忘れちゃったけど、このワードの意味だけは良く知ってるゴルファーも多いのでは?

2012年1月11日更新

►Vol.21 「マリガン」

第21回目は「マリガン」。アメリカのとある街から生まれた、お助けプライベートルール。緊張しちゃう人にはとても嬉しいですよね。

2011年12月28日更新

►Vol.20 「明治の大砲」

第20回目は「明治の大砲」。最近は、リバースピボットとも呼ばれる打ち方。昔気質なオジサマ達はいまでもこう呼びます。

2011年12月14日更新

►Vol.19 「払い打ち」

第19回目のワードは「払い打ち」。払い打ちの極意を学びたかったら、あの払いおじさんの名人芸的なスイングを参考にするべき!?

2011年11月30日更新

►Vol.18 「ベン・ホーガン」

第18回目は新ゴル語辞典初の人名「ベン・ホーガン」。ゴルフ史に燦然と輝く彼の実績やゴルフ理論は50年を経た現代でも色褪せない。

2011年11月16日更新

►Vol.17 「天ぷら」

第17回目のワードは「天ぷら」。カラッとあがっても、ちっとも嬉しくないミスショット。あなたの周りにも哀愁の天ぷら職人はいませんか?

2011年11月2日更新

►Vol.16 「チッパー」

第16回目は「チッパー」。グリーン周りををいかにスマートにこなすかが、スコアアップの鍵。そんな重要なアプローチを助けてくれるクラブ。

2011年10月19日更新

►Vol.15 「90度ルール」

第15回目は「90度ルール」。色んなことを忘れてフェアウェイを思いっきりカートで走ってみたいという衝動に駆られたことはありませんか?

2011年10月5日更新

►Vol.14 「木に生る」

第14回目のワードは「木に生る」。 目を皿のようにして探してもボールが見つからない時がある。そんな時は、迷わず上を見てみよう。

2011年9月21日更新

►Vol.13 「銭形平次」

第13回目のワードは「銭形平次」。 少しでも近くから打ちたい気持ちは良くわかります。でも、正義の味方がだまっちゃいませんぜ〜。

2011年9月7日更新

►Vol.12 「養鶏場」

第12回目のワードは「養鶏場」。明らかにOBのはずなのに、なぜかセーフな時がある。そんな時にふと頭に浮かぶのがこの言葉。

2011年8月24日更新

►Vol.11 「チャックり」

第11回目のワードは「チャックり」。微妙なタッチが求められるグリーン周りのアプローチ。考えすぎて弱気になると…。

2011年8月10日更新

►Vol.10 「シャンク」

第10回目のワードは「シャンク」。ミスショットなのに、これがが打てるようになったら一人前?!不可解で怖い〜病。

2011年7月27日更新

►Vol.9 「イップス」

第9回目のワードは「イップス」。かの故ベン・ホーガンなど多くの名プレーヤーを迷プレーヤーに変えてきた怖〜い病。

2011年7月13日更新

►Vol.8 「アリソンバンカー」

第8回目は「アリソンバンカー」。泣く子も黙る難バンカー!難くせが得意なゴルファー達もアリソンには黙って降参?!

2011年6月29日更新

►Vol.7 「感じ出しすぎた」

第7回目は「感じ出しすぎた」。アプローチの言い訳といえばコレ!憧れのスピンアプローチを手に入れるまでひたすら言い続けよう。

2011年6月15日更新

►Vol.6 「オッサンクラブ」

第6回目のワードは「オッサンクラブ」。軽、長、柔の3拍子揃ったクラブ。若者には逆に難しいけどオッサンにはとても優しい。

2011年6月1日更新

►Vol.5「マッスルバック」

第5回目は「マッスルバック」。難しいからこそ、挑みたくなる。上手そうに見えちゃうけど、一筋縄ではいかない硬派なアイアン。

2011年5月18日更新

Vol.4「違反クラブ」

第4回目のお題は「違反クラブ」。しれっと高反発にT島氏が猛反発?!甲高い音は違反クラブの専売特許じゃないです。

2011年4月27日更新

Vol.3「チーピン」

第3回目のお題は「チーピン」。業界用語風にいうと「ピンチィ〜」ですが、チーピン持ちが陥りやすい危険な罠とは?

2011年4月20日更新

Vol.2「マン振り」

第2回目のお題は「マン振り」。夢見がちな「マン振り」くんと迷惑を顧みない「暴走族」との意外な類似性とは?

2011年4月6日更新

Vol.1「いい顔」

第1回目のお題は「いい顔」。クラブの顔ってなんとなく分かるけど、 いったい全体「いい顔」ってどんな顔なの?