HOME > ギア> ギアプロファイリング on TOUR
ギアプロファイリング on TOUR ツアーで戦うアスリートたちのクラブセッティング

2011年12月21日更新

►増田 伸洋

プロ入りまで7年、初シードまで5年掛かったが確実にトッププロの階段を昇る増田。2006年こそ賞金ランク13位とトッププレイヤーに仲間入りしたが翌年からは、また シード権争い。元来定評のあったショットにパッティング技術が磨かれ昨年からは安定した成績を残 している。来年こそは6年振りの勝利を掴みたい!

2011年12月14日更新

►武藤 俊憲

毎年、トータルドライビングで上位の武藤。その数字が表すように高い方向性を持ち合わせた大きな飛距離が武器となっている。安定したショットメーカーで今季はなみいる強豪を抑えダンロップ・フェニックスで勝利を挙げた。実力は折り紙つきなので、もっともっとメジャーでの活躍を見たいものだ。

2011年12月7日更新

►丸山 大輔

06、07年とアメリカを主戦場とし活躍した丸山大輔。08年からは再度日本をベースにツアーを転戦している。そのステディなプレースタイルには定評があり、今季も予選落ちは3回だけ、トップ10入りは4回と非常に安定している。早く3勝目を見たいものだ。

2011年11月30日更新

►藤田 寛之

2010年は年間2勝を挙げ自信最高位となる賞金ランク2位で幕を閉じた藤田。今季は未勝利ながら確実なゴルフで賞金ランクは11位(11月25日現在)。積極的にメジャーにも参戦し40代ながら確実に実力を上げて行く姿には脱帽だ。

2011年11月22日更新

►小林 正則

1999年、プロデビュー2戦目にして3位に入るなど、期待の新人としてツアーに参戦したが、 スイング改造で不調に陥り、中々表舞台に立てない日が続いた。しかし、今季一気にブレーク。 とうとうみ浜松オープンで石川遼とのプレーオフを制し遂に初優勝! 今後の活躍を期待したい!

2011年11月16日更新

►平塚 哲二

賞金ランキング国内9位、アジアンツアー2位(2011年11月14日現在)と世界を股に掛け活躍する平塚。2009年、不調から脱し中日クラウンズで2年振りの優勝。強い平塚が復活した。今季は念願のアジアンツアー賞金王を獲得して欲しい!!

2011年11月9日更新

►高山 忠洋

高校卒業後わずか3年でプロになった高山。ツアーデビューから6年目で初優勝も遂げている。一時、ツアーから離脱するほど怪我に悩んだが、見事に復活。昨シーズン、今シーズンと2年連続で優勝するなど、 実力は折り紙つき。今後の活躍に期待したい!

2011年11月2日更新

►小田 孔明

開幕戦の東建ホームカップ、秋のビックトーナメントカシオワールドを連覇している小田。今期はパッティングの不調から脱し1勝を挙げその後も優勝争いを繰り広げている。今後の日本を代表する選手の一人ともいえる小田の活躍に期待したい。

2011年10月26日更新

►河井 博大

16年間ツアーに出れたり出れなかったり、シードを取ったり取れなかったりと、もがき続けた河井。 今シーズンの日本プロで遂にプロ16年目、念願の初優勝を遂げた。そこからは自信を付け上位に顔を出す常連に!

2011年10月19日更新

►片山 晋呉

2008年には年間3勝を挙げ1億8千万以上の賞金を稼ぎだし、ダントツで自身5度目の賞金王となった片山。 翌年にはマスターズで日本人最高位タイとなる4位に入り順風満帆と思われていたが、その後勝利から遠ざかってしまう。 そろそろ復活の優勝劇を見せて欲しい!!

2011年10月12日更新

►近藤 共弘

昨年は、08年に痛めた足の怪我に悩まされた近藤。 今季はつるやオープンで早々に勝利を挙げるなど完全復活。 ツアーを代表する実力者だけに日本プロ以来のメジャー獲得を狙いたい!

2011年10月5日更新

►ブレンダン・ジョーンズ

2001年から国内ツアーに参戦するB・ジョーンズ。コンスタントに勝利を積み上げ、 過去10年で6回もの賞金ランクTOP10と安定した成績を残す。今季はメジャーを掴み取りたい!!

2011年9月28日更新

►金 庚泰

正確無比なショットと勝負強さで2010年の賞金王となった金 庚泰。 昨年は日本オープンも制し日本を代表する選手となった!目標は海外メジャー制覇だ!!

2011年9月21日更新

►池田 勇太

デビューとなった2008年を除いて毎年勝利を積み重ねる池田。 石川遼の好敵手、そして日本の若手選手の筆頭だ。今季は初の賞金王を狙いたい!

2011年9月14日更新

►石川 遼

WGCブリヂストン招待では、最終日まで優勝争いを繰り広げた石川遼。今季は未勝利ながら賞金ランクトップを走る。(9月12日現在)2年振りの賞金王奪回なるか?

2011年9月7日更新

►ジェイソン・デイ

フィリピン人とフランス人のハーフであるJ・デイ。 今年のマスターズで2Tに入ると、全米オープンでも単独2位に。今、一番メジャーに 近い若手だ!

2011年8月31日更新

►アダム・スコット

ホワイトタイガーの異名をとるA・スコット。長尺パターを手にし、マスターズで2位。WGC ブリジストン招待では圧巻の勝利と絶好調。来期こそは、メジャーを獲りたい!

2011年8月24日更新

►チャール・シュワーツェル

26歳で今季のマスターズに勝利し、全米OP9位T、全英OP16位T、全米プロ12位Tと 安定した成績を残すC・シュワーツェル。更なるメジャーでの活躍を見たいものだ。

2011年8月17日更新

►ババ・ワトソン

飛ばし屋として有名だったB・ワトソンだが、昨年初優勝を挙げメキメキと力をつけライダーカップの選手にも選ばれた。メジャーでも優勝争いをすることが目立ってきている。抜群の飛距離とセンス溢れる小技でメジャーを獲得したい!

2011年8月10日更新

►ダスティン・ジョンソン

PGAツアーでもTOP10に入る屈指の飛ばし屋のD・ジョンソン。飛ばしだけでは無くメジャーでも上位の常連になっている実力派。近いうちに念願の メジャーも獲れることだろう!

2011年8月3日更新

►イアン・ポールター

ユニオンジャックのパンツなど奇抜なファッションで一躍有名となった I・ポールター。昨年は、アクセンチュア・マッチプレー選手権に勝利するなど実力もトップクラス!!

2011年7月27日更新

►フィル・ミケルソン

世界を代表するレフティといえばP・ミケルソン。破壊力抜群のロングドライブと卓越したショートゲームで世界のゴルフを牽引する選手の1人だ!

2011年7月20日更新

►マット・クーチャー

昨年、11回ものベスト10フィニッシュで賞金王を獲得したM・クーチャー。決して飛ぶタイプではないが、ステディなプレーでメジャーを獲得したい!!

2011年7月13日更新

►ローリー・マクロイ

今年の全米オープンをブッチギリで勝利したR・マキロイ。 ポストタイガーとも言われ、今後の世界を担っていく選手の一人だ!!

2011年7月6日更新

►ポール・ケーシー

ワールドカップでの優勝経験もある欧州を代表するケーシー。現在の(6月28日現在)ワールドランクは13位。十分メジャーを獲れる実力だ。

2011年6月29日更新

►グレアム・マクドゥエル

先日の全米オープンでニューヒーローになったR・マキロイと同郷のG・マクドウェル。昨年の全米OPの覇者で実力も折り紙付き!今季はメジャー2勝目を狙う!!

2011年6月22日更新

タイガー・ウッズ

今年の全米OPも欠場。ワールドランクも17位に後退したタイガー。(6月21日現在) しかし、世界のゴルフファンを盛り上げられるのはこの男しかいない!

2011年6月15日更新

►ルーク・ドナルド

172センチと小柄ながら、キレの良いアイアンショットと 卓越したショートゲームで世界No1の座に。今季はメジャーも獲りたい!!

2011年6月8日更新

►リー・ウェストウッド

トップが激しく入れ替わるワールドランキングで常に上位に君臨する実力者。(6月6日現在2位) いつメジャーに勝ってもおかしくないウエストウッド!その栄光の時はいつ訪れるのか!?

2011年6月1日更新

►マーティン・カイマー

タイガーが退き、群雄割拠のワールドランキング。タイガーの次にトップに立ったのは、昨年の全米プロの覇者カイマーだ!!