HOME > 特集> 雨を楽しめれば本当のゴルファーです!
雨を楽しめれば本当のゴルファーです!

日本では1年の半分が雨だって知っていました?
これから迎える6月は、全国的に(北海道を除く)梅雨真っ盛りのシーズン。 でもでもゴルファーなら梅雨でもゴルフしたいですよね〜!
そんな熱いゴルファーたちに雨ラウンドをちょっと楽にする技をお伝えしちゃいます!

まずはラウンド編!

 傘にタオルがゴルファーの常識です雨が強くなればやっぱり傘をさしましょう!
ゴルファーを雨から守るだけではなくクラブも雨から守ります。
傘の内側の骨には、スポーツタオルなどをかけておくとなおGOOD!!

傘を肩にかけると手への負担が軽減されますティグラウンドなどで、ちょっと待ちそうだなってときは、傘を肩にかけましょう!
実はこれは効果テキメン!!
傘の重さって思った以上に重いんですよ〜
だから肩にかけないで持っていると手の感覚が無くなってきてしまうんです。
手の感覚はショットに及ぼす影響が大きいので是非実践してくださいね!

グリップを濡らさないことごストレスフリーの第一歩クラブを何本か持ってフェアウェイに行くってこと多いですよね?
そのときクラブは地面に置かないで、傘の骨に乗っけましょう!
クラブと人間の唯一の接点のグリップをドライに保つことは、快適に雨ラウンドを楽しむコツですよ!


 ショットの前にグリップを拭こうショットを打つ前に傘にかけたタオルでグリップを拭いておきましょう!
これで、グリップを滑らすミスが大幅に減りますよ!

ドライバーは特にフェースも拭こう最近のドライバーは溝(スコアライン)が無いものが多いんですが、そんなドライバーは雨の日に滑りやすいんです!
何が滑るのかって?
インパクトでフェースとボールの間に水が入って滑ってしまうのです。グッドスイングをしてもボールがあさっての方向に…なんてことにならないように、ドライバーは特にフェースを拭いてから使いましょう!

超効果的防水スプレー!!

 防水スプレーはゴルファーの味方雨に日は、防水仕様のゴルフシューズにレインウェアを着るから大丈夫!なんて思っている人はいませんか?もちろんそれらは、新品のうちは高い防水力を持っています。しかし、何回も履いたゴルフシューズや、何度も洗濯したレインウェアでは、防水力が落ちてきてるんですね〜だから、雨ラウンドの前は防水スプレーをしましょう!雨が滲みた時の不快感を無くしますよ〜

3年履いたゴルフシューズ(防水スプレー有)と3年履いたゴルフシューズ(防水スプレー無)この違い分かりますか?
防水スプレーをしたほうが水滴が細かくて、少し振れば水滴が飛んでいきます。
防水スプレーをしないと水滴が広がって滲み込みやすくなってしまってるんです!

8年使用レインウェア(防水スプレー有)と8年使用レインウェア(防水スプレー無)こちらも水滴が細かい方が防水スプレーをしてある方ですね。防水スプレーをしてない方はすでに滲み込み始めて、色が変わっていました。ちろん、新品のときから防水スプレーをすることをオススメします!雨だけではなく、汚れも付きづらくなるんですよ〜ではでは皆さん雨のラウンドを楽しんでくださいね〜!