9月13日発売!TOUR B JGR 新旧対決!NEW JGRは本当に飛ぶのか?

ロゴマークが変わりました

9月13日発売!TOUR B JGR 新旧対決!NEW JGRは本当に飛ぶのか?

9/13発売! TOUR B JGR 新旧対決! NEW JGRは本当に飛ぶのか? その進化とは?

ブリヂストンからついにNEW JGRが発売!
前作では飛距離モンスターのキャッチコピーの通りぶっ飛びドライバーとして
人気のモデルが、さらに進化を遂げてニューリリースされました!
今回の飛びの秘密はヘッド内部の「サスペンションコア」。その飛びやいかに?!

  • 写真01
  • 写真02
  • 写真03

テスト方法

・外部影響を受けない屋内施設で、一人の被験者が試打し、ミスショット(異常値)を除き集計
・ボールはすべてNEXGEN TOUR SPEC※R&A公認球を使用
・計測器機はトラックマン(G4)を採用

トラックマンで計測しました!

レーダー型計測器で、なんと軍事利用のミサイルも追尾できるほど。
海外・日本問わずトッププロゴルファーも使用する高性能計測器。

トラックマン

旧作新作

マーク金井

試打初球からボール初速は65m/s超え!

試打して一番に感じたことは、「球はつかまるし、すごく飛ぶ」。厳しい数値が出ると言われるトラックマンによる計測で、還暦を超えた私でも夢の270ヤード超え(271.5Y)が出てしまいました(嬉)!見た目で特徴的なのは、ソールのフェース寄りにある「くぼみ」と「ネジ」です。フェースの裏からネジで押さえて反発を調整しているのでしょうか。どこで打っても、初速が出ているように感じます。

ブリヂストン独自の内部構造で、新たな飛びを生み出す新機能。飛距離のキーポイントであるフェースの反発をコントロールする為に、クラブの内部構造を徹底的に研究。フェース面の反発性能をギリギリまで高め、反発性能のコントロールに最も有効な点をネジで支える。これにより、フェースセンターの反発をルール内に抑えながら、フェースセンター以外の反発を上げることが可能となり、広い範囲で高初速エリアを生み出すことに成功した。フェース全面の反発を高める為に生まれた新しい構造である。

※ドライバー金額例は、純正シャフトからTOUR B JGRの 純正シャフト(TOUR AD for JGR)の買換え時の差額例です
※アイアンセット金額例は、記載のシャフトから同スペックへの買換え時の差額例です。詳細は店舗にてご確認ください
※お持ちいただくクラブが著しく破損している場合は、買取できないことがございますので、ご了承ください。

お近くのゴルフパートナー店舗を探す

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る