GOLF PARTNER PRO-AM TOURNAMENT - ゴルフパートナープロアマトーナメント

ゴルフパートナープロアマトーナメント

日本初
アマチュアが参加できる男子レギュラートーナメント

ゴルフパートナー PRO-AMトーナメント

本大会予選:2020年7月8日(水)9日(木)本大会決勝:7月11日(土)12(日)

大会への想い

 いよいよ来年2020年は東京オリンピックが開催される年です。ゴルフも競技の一つとして実施されることで来年のゴルフ業界は今以上に盛り上るものと期待しています。
 このゴルフ業界が活気づく2020年に、弊社は日本初となる「プロアマ式オープントーナメント」にチャレンジすることを決意いたしました。日本のトーナメントとしては男女ともに前例がない日本初の4日間通してプロとアマチュアがラウンドする形式でのレギュラートーナメントをJGTO(一般社団法人 日本ゴルフツアー機構)とともに立ち上げる次第です。

 全国に約400のゴルフパートナーの店舗には、たくさんのゴルファーがご来店くださり、最近ラウンドしたスコアや、ラウンド中に起こった出来事などをスタッフに聞かせてくださいます。私たちは、すべてのゴルファーにゴルフをもっと楽しんでもらいたいと心から思っており、形にしたのが今回の「プロアマ形式」の大会です。
 プロアマというと、限られた方が出場するものだというイメージがあるかもしれません。
 日本のプロアマは企業の接待の場として有効に活用されていますが、限られた方しか参加できません。
 私たちが考えているプロアマ戦は、ゴルフが大好きで上達の為に努力を惜しまない大勢のアマチュアゴルファーに出場チャンスがあるプロアマトーナメントです。
 残念ながら男子ツアーは試合数が減少し、全盛期からは大幅に落ち込んでいます。
 女子の華やかさや次々と起こる世代交代に押され気味ですが、男子ツアーならではの魅力も数多くあります。また、男子プロの人柄も多少誤解を受けている部分もあると思うのです。
 弊社はこれまでPGAが主催する「日本プロゴルフ グランドゴールド選手権大会」を7年間特別協賛してきました。毎年工夫を重ねチャレンジを繰り返し、近年は2日間で1万人ものギャラリーが来場する大会になりました。
 その経験がどこまで通用するかは分かりませんが、男子レギュラートーナメント少しでも貢献できればとの思いもあります。常にゴルファーと接しているゴルフパートナーだから実現できる工夫をしながら、成功に向けてJGTO会長である青木功氏、JGTO選手会会長 石川遼プロにも最大限ご協力いただく所存です。
 ゴルフパートナーは、毎年のように危機的状況だと囁かれているゴルファー減に歯止めをかけるべく、2014年に「はじめてのごるふくらぶプロジェクト」というサービスをスタートしました。これは、これからゴルフをはじめようとする方に中古の練習用アイアンを1本プレゼントするというサービスです。
 ゴルフは野球やサッカーに比べると学校教育で学ぶ機会も少なく、どんなルールなのか、どこに楽しみがあるのか触れる機会が少ないことも事実です。そのような環境でも、サービスのスタートから5年間で約15万人のゴルファーが誕生し、ゴルフを楽しんでくださっていることを心から嬉しく思います。

ゴルフ人口はゴルフ業界が意識することで増やすことができると考えています。そして、ゴルフの楽しさを伝えるのもゴルフ業界で生きている私たちの使命だと考えています。

pagetop