ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン
初心者編

第9回 ボールをつかまえて飛ばす

ドラコン王者・安楽拓也プロによる飛ばしのレッスン初心者編。 第1回目は初心者編のスイングチェックから始まります。飛ばすためにまず必要なこと…

ドラコン王者・安楽拓也プロによる飛ばしのレッスン・初級編。最終回のテーマは「ボールをつかまえて飛ばす」です。飛ばすためのレッスンもいよいよ最終回。基本的な振り方がわかってきた頃に出始めるミスに対応するための最後の仕上げレッスンです!

右プッシュのミスを手先の動きで治してはダメ

ある程度クラブが振れる感覚がわかってきたと思います。徐々に飛ぶようになってくると、体が反応して、どんどん振りたくなるものです。すると振り遅れや体の突っ込みが原因で、インパクトでフェース面が開く右プッシュのミスが出始めると思います。これを手先の動きでボールをつかまえようとすることがスイングを壊す原因になります。

体を傾けた後にグリップだけ握りなおす

これまで自分の最下点を見つけて、そこを基準に振るための構え方をしてきました。その中で体の軸を右に傾ける項目がありましたが、その段階ではフェース面はまだ開いていると思います。このときに、体の傾きはそのままでフェース面だけがスクエアになるように握り直すのです。これで普通に振ればボールは必ずつかまります。

〜レッスン後記〜

9回にわたって初級者のための飛ばしのレッスンを行なってきました。実践してもらった北風さんも弱々しいスライスからつかまったドローが打てるようになりました。ただ、難しいことは何もやっていません。しっかりボールに力が伝わる体勢を作って、ボールに当てるスイングから勝手に当たるスイングに変えただけなんです。是非今後の飛ばしの参考にしてください。

【ロケ地】千葉カントリークラブ 梅郷コース
【使用クラブ】安楽拓也プロ:NEXGEN ND201 / 北風順平:NEXGEN ND201

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る