ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

世界のトッププロたちのスイング集~ザ・アスリートスイング~

ERNIE ELS(アーニー・エルス)

世界での勝利数「46」はダテじゃない!! 41歳となっても大きくゆったりとしたスイングは健在だ!

ERNIE ELS

アーニー・エルス

使用ドライバー

キャロウェイ・レーザーホークツアー

【長さ】45インチ 【シャフト】フジクラ・スピーダー757(X) 【ロフト】8.5度 【バランス】D5

このクラブの在庫を検索

1969年10月17日生まれ
191cm 95kg

出身地:南アフリカ・ヨハネスバーグ
プロ転向:1989年
趣味:映画鑑賞、読書、スポーツ全般

世界6大ツアー勝利数:46勝(PGA18勝、欧州25勝、南ア18勝、豪州1勝、日本1勝)
メジャー優勝:94、97年全米オープン、02年全英オープン
WGC優勝:04、10年CA選手権

2010年PGA TOUR Performance
平均飛距離:288.4ヤード(90位)
フェアウェイキープ率:60.16%(147位)
出場試合数:20試合
獲得賞金額:$4,558,861(3位)
FedExCup
レギュラーシーズン:1846(1位)
プレーオフ:1438(9位)
平均スコア:69.84(6位)
パーオン率:67.86%(75位)
平均パット数:1.768(59位)

PGAツアーの若手の台頭によって、さすがのエルスも飛距離アップを求めて来た。それがバックスイングでの体重移動から見て取れる。右股関節の上に上体を乗せ、若干沈むことによってパワーを十分蓄積するようになった。トップスイングからの切り返しでは、タメを意識し、クラブのリリースを遅らせている感がある。また、フィニッシュでは左足に体重を移しているのがわかるように、体の回転を使うようになった。

Photo & Text by Golf Style

※プロは頻繁にクラブ調整を行うため、実際使用するギアとは異なることがあります。

スイング解説 冨永 浩 (所属:アコーディアゴルフ)

1961年2月17日生まれ(49歳)。成城大ゴルフ部出身。85年にはアマチュアとして全米オープンに出場。国内外の選手の豊富な情報を持ち、現在はトーナメント中継解説などで活躍中。

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る