ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最新ゴルフニュース

シード喪失、クラブ契約フリー… “1からのスタート”を切った服部真夕が1打差好発進【グアム知事杯】

<グアム知事杯女子ゴルフトーナメント 初日◇14日◇レオパレスリゾートCC(グアム)◇6517ヤード・パー72>
昨季プロ入り後初となる賞金シード喪失を経験した服部真夕が、“仕切り直し”となるラウンドで2アンダー・2位発進と上々の滑り出しを見せた。
グアムでの選手の表情を現地直送写真でチェック!【大会フォト】
トップの野澤真央とは1打差。優勝を射程圏に捉えながらのホールアウトを迎えた服部だったが、「今日は出入りの激しいゴルフでした。バーディはたくさん(7つ)獲りましたが、ボギー、ダボもあって。特に終盤は良くありませんでした」と後味の悪さも残した。それでも「アンダーで回れたのは評価できる」と、前を向いて最終日に迎えることは間違いがない。
服部にとって、2019年は大きな変化をともなう年になる。昨季は賞金ランク82位に沈み、さらにキャリアのなかで初めての経験となる最終QTを受けるも97位に終わった。「今年は1からのやり直し」というなか、クラブも契約フリーとなった。
「大きく変わった」とこれまでずっと使用してきたメーカーからPINGの『G400』シリーズにスイッチしたドライバーなど、バッグの中身も様変わり。「フリーになって初めての大会でしたし、ティショットの感覚は結構変わりました。新たな気持ちで今シーズンに臨んでいるわけですから、当たり前のこと。これからもいろいろ試して、その時の自分に合ったものを使っていこうと思っています」と、この大会後も試行錯誤は続きそうだ。
「がむしゃらにやっています!1日1日頑張らないと。明日も楽しくプレーして、それが優勝につながればベスト。今日のプレーで攻めるべきところ、引くべきところのイメージがわかったので、明日にも生かしたいと思います」。ここグアムで最高のリスタートを切りたい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る