ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最新ゴルフニュース

驚異の59ホールノーボギー!『UT3本体制』でコントロール重視【勝者のギア】

4打差を逆転して、3年ぶりの日本ツアー優勝を挙げたパク・サンヒョン(韓国)。韓国ツアーでは生涯獲得賞金1位に立ち、今季の海外メジャー「全英オープン」ではアジア人トップの16位タイ。世界でも上位に入った実力者のバッグは、飛距離を補うコントロール重視のセッティングになっている。
ボミちゃんすでに始動【写真】
「基本的にパワーがそんなにない。力よりも、80%の力で打ちながらリズム感で安定的なプレーをする」。飛距離で見れば、本大会のドライビングディスタンスは4日間通して52位タイ(293.25ヤード)。シーズンを通してのスタッツを見ても79位(283.34ヤード)とパワーヒッターではない。
その飛距離を補うためにそろえたのがユーティリティ3本体制。ドライバー、3番ウッドのあとには5番ウッドとして、契約するタイトリスト『H1(19°)』を投入。その下はタイトリスト『TS2(21°)』、『U500(#4)』が入っている。「3番アイアンからユーティリティを使っている形になりますが、基本的にパワーがそこまでないので、高さやスピンをかけるのはユーティリティのほうがいい」という。
同組の飛ばし屋・チャン・キム(米国)を相手にしながら、「華やかなプレーよりも、安全に。各ホール、方向性を重視して正確に持っていくことをとにかく心がけた」と、初日の13ホール目に打ったボギーを最後に、最終日を終えるまでの59ホールをノーボギーでラウンド。これは自身としても初のことだった。
アイアンも、1カ月前からタイトリストのニューアイアン『620』のマッスルバックを投入。コントロール性能をさらに向上させた新兵器も日本ツアー2勝目を引き寄せた。昨年はアジアンツアーでも賞金ランキング2位に入り、現在4ツアー(韓国・日本・欧州・アジア)のシードを持つ。日本での久々の勝利をかみしめ、「日本で勉強しながら米ツアーや欧州ツアーなどの大きい試合に出て、自分の力を向上させたい。自分がいけるところまで、いい選手としてプロを続けたい」とさらなる飛躍を誓った。
【パク・ソンヒョンのクラブセッティング(WITB=What’s in the Bag)】
1W:タイトリスト TS3ドライバー(10.5°テンセイ 60 TX)
3W:タイトリスト TS3(15°テンセイ 70 X)
UT:タイトリスト H1 (19°)※5Wとして使用
  タイトリスト TS2(21°)
  タイトリスト U500(#4)
5I〜9I:タイトリスト 620フォージド
W:タイトリスト SM7(46°、52°)
タイトリスト ボーケイデザインプロト (58°)
PT:スコッティキャメロン P3 GSS
B:タイトリスト プロV1x

<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る