ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最新ゴルフニュース

“1000万円稼いだ”100万円のパターはどこ行った!?【きょうの“パンチショット”】

トーナメント会場で、選手の印象的な言葉や、プライベートシーンなどを耳にする機会が多い現場記者。そのなかで『あの時、何を考えていたの?』、『今ハマっているものは?』、『プロの悩みって?』…のような選手の素の表情やツアーの裏側が分かる、ちょっと“パンチ”の効いた(?)話をお届け!【日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯】
なぜ3番アイアンが打てる?イ・ミニョンのアイアン連続写真
前週の「ゴルフ5レディス」で今季2勝目を挙げたイ・ミニョン(韓国)。普通に手に入れようとすれば100万円はかかると言われるスコッティキャメロンのパター『T2 GSS Tour 350 プロトタイプ』を投入した週に優勝したことが話題を呼んだ。
だが、開幕前日に練習グリーンで球を転がしているミニョンを見てみると、元の同じスコッティキャメロンのマレット型『GOLO 5Rプロトタイプ』に戻っている。優勝賞金1080万円を獲得したパターなのに…。
「久しぶりのピンタイプだったので、先週はテスト的な意味合いもありました。勝つことができてよかったのですが、やはりまだマレットの方がショートパットで安定感があるので、今週は元に戻そうと思います」
悲願のメジャータイトルに向けて、使い慣れたモデルに戻したというわけ。とはいえ、100万円のパターもまた出番があるそうです。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る