ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最新ゴルフニュース

4アンダー・単独トップの塩見好輝 後輩から「必死に逃げます」

<日本オープンゴルフ選手権 3日目◇19日◇古賀ゴルフ・クラブ(福岡県)◇6768/6817ヤード・パー71>
日没のため、連日の順延となっている「日本オープン」。3日目を終えて、塩見好輝がトータル4アンダーで暫定単独首位に立った。
スナイパーのごとく…狙いを定める片山晋呉【写真】
名門・埼玉栄高校出身で、大学時代は松山英樹らを排出している東北福祉大でキャプテンも務めていた。プロデビューから2年目の2014年に初の賞金シードを獲得したが、翌年にシード陥落。18年の男子下部ツアー(AbemaTVツアー)の賞金ランク19位に入ってレギュラーツアー前半戦に出場し、今季は国内開幕戦の「東建ホームメイトカップ」以来予選落ちなしと安定して成績を積み上げている。
第2ラウンドで「67」をマークして単独首位に立った。「僕、だいたい落ちるので。あまり自分には期待していないです」とサラリと言ってのけたが、第3ラウンドを10ホール消化し、パープレーでトップを死守している。
3打差の2位から追いかけてくるのは高校の後輩、今平周吾。「周吾はパターがめちゃくちゃ巧かった。ショットは曲がらないし、トータルバランスがすごく高い。後輩ですけど、そんなに後輩って感じがしないですね。ゴルフ界では周吾のほうが1枚も2枚も上手」と、昨年賞金王の後輩を語る。
「僕は追い詰められるのは、もうわかっているので。必死に逃げます」。逃げ切った先に、「日本オープン」というビッグタイトルでの初優勝が見えてくる。(文・谷口愛純)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る