ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最新ゴルフニュース

吉本ひかるは5本のFWとUTが生命線 「私は長いクラブでピンを攻めることが多い」

吉本ひかるは2016年にはアマチュアとして、翌2017年にはプロとしてステップ・アップ・ツアー優勝を挙げた。そして昨年は、最終戦の「LPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ」に出場を果たし、賞金ランク28位で初シードを獲得。飛躍の年になった。身長152センチと小柄で飛距離の出ない分、どうコースを攻略するかを考えられる非常にクレバーな選手の一人だろう。そんな吉本のクラブセッティングを見ていこう。
今とあまり変わらない? 世界ジュニアに出場したときの13歳の吉本ひかる【写真】
2019年シーズンはドライビングディスタンス80位ながら、フェアウェイキープ率は76.2%で5位、パーオン率は70.1%で30位にランクイン。遠いポジションからでもグリーンヒットをしているショットメーカーぶりが伺える。そんな吉本はクラブに対してしっかりとしたこだわりを持っていた。
■FWとUTの番手間のキャリーは5ヤード刻み!?
通常、FWやUTの番手間のキャリーの差は15ヤード前後だが、吉本は5Wで180ヤード、7Wで175ヤード、4Uで170ヤードと5ヤード刻みと狭い。これについて吉本に聞いてみた。「私は飛距離が出る方ではないので、長いクラブでピンを攻めていくことが多いんです。だから上の番手を厚めにセッティングしています。下の番手の打ち分けは苦手ではないので。特にユーティリティはこだわりが一番あると思います。最近のユーティリティは強い球で飛距離が出るモデルが増えてきましたが、それだとグリーンで止まらないことが多いんです。私はスピンがしっかりと入って低く出すぎないユーティリティを選んでいます」。
また、吉本を担当するクラフトマンの笠原一成氏は、「フェアウェイウッド、ユーティリティ重視で、そこが吉本プロのゴルフの生命線でもあります。特に大事にしているのは距離感ですね。飛距離が欲しいのは大前提なのですが、飛び過ぎもダメ。いかにピンをデッドにいけるかを重視しており、グリーンで止められるかを大事にされているので、適正なスピン量もないとダメですね」という。ツアーで戦っていくにはしっかりとしたコース戦略は欠かせない。自分のゴルフを理解してクラブを選んでいるからこそ、結果が出せたのだろう。
■吉本が重視するのは打感、見た目、飛び方の3つ
さらに吉本のクラブへのこだわりについて笠原氏は続ける。「いかに自身のイメージした通りの弾道が打つことができるか。少しでも感覚的に違和感のあるクラブはNG。感触を大事にする選手です。打ち分けるタイプの吉本プロは球の吸い付き感を大事にしています。球離れが早いと操作できないので。それに小さいヘッドの方が好みですね」。
吉本自身も「私がクラブを選ぶ上で大事にしているのは打感、見た目、飛び方の3つです。打感はクラブに“ひっつく”感じのものがいいですね。弾くようなのはあまり好きじゃないです。見た目はドライバーからウェッジまで小ぶりなものが好き。飛び方は表現が難しいですけど、球が低すぎても上がりすぎても嫌なんです」とこだわりを教えてくれた。
「曲がらないショット、正確な距離感の更なる向上。技術力が高くボールが曲がらないので見ていてとても安心します。今年こそ初優勝を期待したいです」と笠原氏。ステップ・アップ・ツアーではあるが、すでに2勝を挙げている吉本も渋野日向子や勝みなみ、小祝さくらといった黄金世代の一人。今年はレギュラーツアーでの優勝に期待が膨らむ。
【吉本ひかるのスペックと番手別キャリー】
1W:Mizuno Pro MODEL-S 8.5度 Speeder 569 EVOLUTION V(R) 210y
3W:Mizuno Pro TS 15度 Speeder 569 EVOLUTION V(R) 190y
5W:TourB XD-F 18度 Speeder 569 EVOLUTION V(R) 180y
7W:TourB XD-F 21度 Speeder 569 EVOLUTION V(R) 175y
4U:GX 21度 MCH 60(S) 170y
5U:GX 23度 MCH 60(S) 160y
6I:Mizuno Pro 518 MCI 70(S) 150y
7I:Mizuno Pro 518 MCI 70(S) 140y
8I:Mizuno Pro 518 MCI 70(S) 130y
9I:Mizuno Pro 518 MCI 70(S) 120y
PW:Mizuno Pro 518 MCI 70(S) 105y
50度:Mizuno Pro S18 BI MCI 70(S) 85y
58度:Mizuno Pro S18 BI N.S.PRO V90(R) 65y
PT:O-WORKS #1
<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る