ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最新ゴルフニュース

ハドソン・スワフォードが単独首位に浮上 昨年覇者のグレアム・マクドウェルと18歳のアクシャイ・バティアは予選落ち

<コラレス・プンタカナ リゾート&クラブ選手権 2020 2日目◇25日◇コラレスGC(ドミニカ共和国)◇7666ヤード・パー72>
ドミニカ共和国で行われている米国男子ツアー「コラレス・プンタカナ リゾート&クラブ選手権」の第2ラウンドが終了。トップタイからスタートした33歳のハドソン・スワフォード(米国)が7バーディ・2ボギーの「67」をマークして、トータル12アンダーで単独トップに躍り出た。17年の「キャリアビルダー・チャレンジ」以来のツアー2勝目をかけて週末に進む。
音アリで見てください 松山英樹の番手別スイング4連発【動画】
トータル10アンダー・2位タイには、ツアー通算4勝のショーン・オヘア、ルーク・リスト、ジャスティン・ソ(いずれも米国)の3人がつけている。注目の18歳、アクシャイ・バティア(米国)はカットラインに1打及ばず、トータル2アンダーで予選落ちした。
その他の主な選手では、PGAツアーの公式サイトの優勝予想1位に挙げられたマッケンジー・ヒューズ(カナダ)がトータル9アンダー・5位タイに浮上。16年の全英覇者ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)と、11年の国内男子ツアー賞金王のべ・サンムン(韓国)はトータル5アンダー・30位タイとなっている。
ディフェンディングチャンピオンで10年の全米覇者グレアム・マクドウェル(北アイルランド)は前半3つのバーディを奪ったものの、5番ホールのトリプルボギーが響き「73」でホールアウト。トータル1アンダーでカットラインに2打届かず、2日目で姿を消した。
なお、「全米オープン」の翌週とあって、松山英樹やブライソン・デシャンボー(米国)らトッププレーヤーの多くが今大会には出場していない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

10月の買取強化倶楽部 あなたのクラブ高く買い取ります

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る