ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最新ゴルフニュース

注目の若手、アンディ・オグレツリー&ジョン・アウゲンステインがプロ転向

海外メジャー「マスターズ」で活躍のアマチュア、アンディ・オグレツリー(米国)とジョン・アウゲンステイン(米国)の2人がプロ転向を発表した。2人は昨年、パインハーストで開催された「全米アマチュア選手権」で35ホールの死闘の末にオグレツリーが勝利、その数週間後にはウオーカーカップで米国チームとしてともに戦った。
ユニークなマシュー・ウルフのスイングをお届け【連続】
11月に延期されたマスターズに2人はアマチュアとして出場、オグレツリーが34位でローアマを獲得、アウゲンステインも予選通過を果たし55位だった。
22歳のオグレツリーはアーカンソー州リトルロック出身、ジョージア工科大で活躍し、今年は「全米オープン」も含めて5試合のプロトーナメントに出場し、マスターズの34位が最高位。プロ転向直前の世界アマチュアランキングは4位だった。マスターズを終えた後の19日にプロ転向を発表、ロックスポーツグループがマネジメントを務め、すぐさまタイトリスト、インターナショナルロジスティックス、ピーターミラーなど5社とスポンサー契約を結んだ。
「最後のアマチュアとしてのプレーがマスターズだったのは最高だった。たくさんの人と会えて良い経験を積めた。これから世界のベストゴルファーと戦えるのをとてもたのしみにしている」とコメントを発表。
一方のアウゲンステインはヴァンダービルト大(テネシー州)に復帰していたが、オグレツリーに続いてプロ転向を決断した。
昨年はプロ転向したばかりのマシュー・ウルフ(米国)、コリン・モリカワ(米国)、ビクトル・ホブラン(ノルウェー)らの活躍が大いに注目を集め、日本でもプロ転向したばかりの金谷拓実が「ダンロップフェニックス」でプロ初勝利とヤングガンが活躍する昨今、この2人の今後に注目だ。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

10月の買取強化倶楽部 あなたのクラブ高く買い取ります

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る