ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最新ゴルフニュース

フィル・ミケルソンが岐路!? PGAツアーかチャンピオンズか「戦いぶりで決めたい」

海外メジャー5勝、米ツアー通算44勝のフィル・ミケルソン(米国)が今週はPGAツアーの「ザ・アメリカンエキスプレス」に参戦。2021年の初戦を迎える。
「新しい年をこうしてスタートできることにとてもエキサイトしている」と大会ホストも務めるミケルソンだが、昨年は50歳となりシニアのPGAツアー・チャンピオンズにも参戦。デビューから出場2戦連続優勝と華々しい活躍をみせた。
当初は「PGAツアーで飛距離が通用する限りはレギュラーのPGAツアーで戦う」としていたミケルソンだが、PGAツアー・チャンピオンズでの優勝争いにはすっかり興奮。「戦うことがこんなにもおもしろいことだと思い出した」と興奮した。今後はどのツアーを戦うかは自身の戦いぶりによって決めるという。
「まずはPGAツアーに参戦してどこまで戦うことができるか見極めたい。いい戦いができれば、ライダーカップメンバーに入ることを目指したい。でももしトップレベルで戦えなければ、PGAツアーチャンピオンズへの参戦を増やすことになると思う」とミケルソン。
PGAツアーではこれまで50歳以上での勝利は、クレイグ・スタドラー、フレッド・ファンク、ジョン・バーナム、ジェームス・バーネス、デービス・ラブIII、アート・ウォール、サム・スニードの7人。スニードは1965年に最年長の52歳10カ月でグリーンズボロー・オープンを制している。(文・武川玲子=米国在住)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

10月の買取強化倶楽部 あなたのクラブ高く買い取ります

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る