ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最新ゴルフニュース

「この1打にたくさんの差がある」 中島啓太はアマVならず、埋められなかった1打に涙

<東建ホームメイトカップ 最終日◇18日◇東建多度CC・名古屋(三重県)◇7081ヤード・パー71>
最後の最後まで食らいついた。それでも、18ホールで一度も追いつくことができなかった。首位と2打差で迎えた最終ホール、10メートルのバーディパットはどうしても入れたかった。
トップの金谷拓実を追いかけた最終日。「なんとしても勝ちたい」と誓ったが、決戦の日は序盤から耐える展開を強いられた。前半チャンスホールの4番パー5は、2オンに成功したが10メートルで3パットを叩いてパー。5番パー4はバンカーにつかまりボギーで後退した。「金谷さんがバーディを獲ったら、ぼくも獲らないといけない」。必死に食らいつき、8番で15メートルのバーディパットをねじ込んだ。
3打差に開いて迎えた後半で、金谷が10番から連続ボギー。1打差に縮まったが、ここから追い抜くことは叶わなかった。膠着状態のまま迎えた17番パー5。まくるならここしかない。しかし、ドライバーで振り抜いたティショットは右の池につかまり、4オン1パットのパーセーブ。風を読み切りバーディを獲った金谷に、再び距離をあけられた。「風の状態も分かっていたし、池に届いてしまうのもわかっていたけど、ちょっとした迷いや、120%の集中ができていなかった」と悔やまれる。
それでも最後まで食らいついた。最終18番のバーディパットは10メートル。アドレスに入る前に目を閉じて一呼吸置くと、1パットでねじ込み首位と1打差でフィニッシュ。最後まで気迫を見せつけた。
「金谷さんを追い詰められたとは、全然思っていないです。この1打の中には、たくさんの差があると感じました」と声を震わせる。金谷に続くアマチュア優勝に届かなかった悔しさに、涙がこみ上げた。「この思いは、絶対に忘れちゃいけない」。18番グリーンで優勝カップを掲げる金谷の背を、ここからまた追い続ける。(文・谷口愛純)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

10月の買取強化倶楽部 あなたのクラブ高く買い取ります

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る