ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最新ゴルフニュース

木下稜介はチャンスにつけるもパット苦戦で初優勝ならず 「きょう優勝したかった」

<東建ホームメイトカップ 最終日◇18日◇東建多度CC・名古屋(三重県)◇7081ヤード・パー71>
木下稜介の初優勝はまたもお預けとなった。単独トップの金谷拓実に1打差のトータル9アンダーで迎えた最終日。気合い十分でスタートしたが、1バーディ・3ボギーとスコアを伸ばせず、トータル7アンダー・4位タイで大会を終えた。
朝からアイアンは切れていたが、1番では4メートル、2番では3メートルにつけるもバーディならず。続く3番パー3ではグリーン右手前に外し、芝の薄いライからアプローチがオーバーしてボギーが先行する。4番パー5では2.5メートルのバーディパットをショート。5番でも3メートルのバーディパットを50センチショートした。
「きょうは、ショットは悪くなかったがパッティングがショートしていた。朝、練習グリーンで速いと感じて、コースへ出てその感じで打ったらすべてショートだった。早く1つでもバーディが来たら良かったが、15番の1個だけで…。早く前半で入ってくれていたら、違ってきたかもしれない」と悔しさがにじむ。
象徴的だったのは後半最初の10番パー4。セカンドショットを1.3メートルのバーディチャンスにつけるも、そこからまさかの3パットでトータル7アンダーまで後退。金谷もボギーとしていただけに、バーディなら再びスタート時点の1打差に迫るチャンスだった。木下自身も「金谷君も苦しい展開で良いプレーをしていたが、とらえるチャンスもあった」と語る。
15番パー4で1.5メートルを沈めての初バーディ。息を吹き返したかに見えたが、17番パー5のティショットを右の池に入れて、優勝の目はほぼ消えた。昨年の「三井住友VISA太平洋マスターズ」では最終日最終18番のティイングエリアまでトップに立ちながら、最後の最後にイーグルを奪った香妻陣一朗に優勝をさらわれた。そして今大会も悔しい結果となった。
「きょう優勝したかった。そこを目指していた。次の優勝争いのときには勝てるように頑張りたい。次は大差で勝てるようにしたい」。自分に言い聞かせるように木下はコースを後にした。(文・下村耕平)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

10月の買取強化倶楽部 あなたのクラブ高く買い取ります

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る