ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

タイトリスト『718アイアン』を公開。注目の『AP3』はど真ん中の人気機種とどう違う?

最新ゴルフニュース

タイトリスト『718アイアン』を公開。注目の『AP3』はど真ん中の人気機種とどう違う?

タイトリストが何度も既報の最新アイアン
『718シリーズ』を一挙に公開。9月30日から発売する。中でも注目は新しくラインナップに加わった『AP3』アイアンの中身になる。
「全く新しい『718 AP3』アイアンは、両方の世界の最高のものです。私たちが『AP1』と『AP2』のアイアンを作り上げて進歩させることで学んだことを、これまでで最も飛んで、最も初速が出る、プレーヤーのためのディスタンスアイアン『AP3』を作り出すために合併しました。
『718 AP3』は、プレーヤーのコントロール性としっかりとした感触のために、プレーヤー好みの形状で、速く寛容なパフォーマンスを提供します。Lフェイスインサートと組み合わせた中空ブレード構造は、より長い距離のショットでも、しっかり止めることができる上、圧倒的な寛容性も得られます」(同社)
米国ホームページにて公開されている動画によれば、ヘッド内部にはトゥとヒールにタングステンが配置され、「HOLLOW-BLADE CONSTRUCTION」と呼ばれる特殊な中空構造とL字フェースでとにかく“HIGH SPEED(高初速)”を生むとしている。
タイトリストの歴代アイアンといえば、モダンツアーアイアンの『AP2』と、伝統的なツアーキャビティ『CB』に人気が集中してきた。今回の『AP3』は、最もやさしい『AP1』と『AP2』のいいとこどりした形になり、ど真ん中の『AP2』と『CB』に、飛距離の出る『AP3』が加わった形となる。
7番アイアンのロフトで比較すると、新しい『CB』が34度、『AP2』が33度、そして『AP3』が30度とロフトが1番手近く立っている。公開画像からヘッドサイズは『AP2』よりひとまわり大きめに見え、長く使えそうないい顔。飛距離と操作性を備え、アクティブシニアの中・上級者が飛びつきそうな中身となっていた。
価格は『NS950GH』装着で#5〜PWの6本で132,000円+税。『MODUS3 TOUR105』のセットが138,000+税、『純正Titleist MCI 60』のカーボンシャフト仕様は144,000円+税となっており、間もなく同社ホームページに公開される模様。(米国HPでは公開済み)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る