ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

マーク金井のこれからいきますわ〜

ウェッジのロフトとシャフトの選び方

今回は、ウェッジのシャフトについて解説します!アイアンで使用しているシャフトでウェッジのシャフトが決まってくるって知ってました?細かいところだけど重量は非常に大事なスペックなんです!

マーク金井プロフィール

マーク金井1958年9月16日生まれ身長183センチ、
大阪府出身、血液型A型、HC3
ゴルフ雑誌編集者を経てフリーに転身。これまで試打したクラブは1,000本を越える。豊富な知識とシングルの腕前でクラブの試打&レポートをゴルフ雑誌やネットで展開。

ゴルパ君プロフィール

ゴルパ君1999年生まれ
身長変幻自在、
東京都出身、
血液型未公開
ゴルフパートナーのキャラクターとなりはや10年。見てきたクラブは1000万本以上とも言われている。豊富な知識で、ゴルファーに中古クラブを紹介するのが趣味。

ゴルフは14本のクラブを使うスポーツ。1本だけが自分にベストマッチでも、14本のクラブスペックがバラバラだと番手によって不得意なクラブができてしまいます。そこで今回は、クラブセッティングの極意をマークさんに教わりました。第一回目は、ウェッジの重さとロフトの選び方について。ではマークさん、よろしくお願いしまーす!

ウェッジは、アイアンと同じか重めのシャフトがいい!

ゴルパ これまでにも、いろんなクラブスペックのお話しを教えてもらいましたが、今回はウェッジのスペックについて教えてもらいますよ〜。さて、どんなところに注目すべきなんですか?

マーク 意外に思うかも知れないけど、まずこだわってほしいのがウェッジの重さなんだよね。ロフトやバンスにばかり注目しがちだけど、実は重さも大事な要素なんですわ〜。

ゴルパ 重さというのは、ウェッジ自体の総重量ですか? 具体的にどういうことか教えてください!

マーク ウェッジに限らず、クラブの総重量を決定づけるのは、シャフトの重量なんだよね。ウェッジはメーカーを問わず、アイアンと同じようにNSプロ950やダイナミックゴールドが装着されているモデルがほとんど。つまり、ウェッジのシャフトの重さは、90グラム台か120グラム台なんだよね。

ゴルパ なるほど〜。ということは、クラブの総重量で考えてもダイナミックゴールドのほうがNSプロ950よりも約30グラム重いということですね。

マーク そのとおり。アプローチで多用するウェッジは、基本的にフルショットしないクラブ。だから、アイアンよりも少し重いほうがスイングを安定させられるメリットがある。もしアイアンのシャフトがカーボンなら、ウェッジはNSプロ950が装着されているものを選んだほうがいいね。アイアンのシャフトがNSプロ950なら、ウェッジはダイナミックゴールドを選ぶのがベター。アイアンと同じシャフトでもいいけれど、アイアンよりもウェッジのシャフトのほうが軽いのは絶対にオススメしませんわ〜。

ゴルパ アイアンがダイナミックゴールドなのに、ウェッジがNSプロ950やカーボンというのは避けた方がいいわけですね。

マーク そういうこと。あと、キャロウェイには「M10 DB」というオリジナルのスチールシャフトがあって、これはNSプロ950よりも少し重めのシャフト。こういったシャフトが装着されたウェッジを使うのもオススメですわ〜。

飛び系アイアンなら、ウェッジは4本がオススメ

マーク ところでゴルパ君は、自分が使っているPWのロフトが何度か知ってる?

ゴルパ えっ!?う〜ん、知りません……。

マーク 近頃のアベレージ向けのアイアンは、飛ばせるようにロフトを立ててあるモデルが多いんだよ。例えば人気の「ゼクシオアイアン」だと、PWのロフトは44度。仮にAWとして52度の単品ウェッジを入れたとすると、その番手間のロフト差が8度にもなってしまう。

ゴルパ なるほど〜。それだと距離を打ち分けるのが難しくなってしまうんですね。

マーク だから飛び系アイアンを使っている人は、48度や50度などのAWを追加したほうがいいよね。PW、48度、52度、56度というふうにウェッジは4本体勢のほうがクラブセッティング的には正しく、距離も打ち分けやすくなる。

ゴルパ なるほど〜。さっそく自分のPWのロフトとシャフトを調べてみます!今回もタメになったなぁ。

タイトリスト ボーケイ ウェッジフォーティーン MT-28 Jスペック
キャロウェイ Xツアー ウェッジクリーブランド CG15 ウェッジ
マーク金井からひとこと

ウェッジ選びは、ショートゲームのキモです。

ゴルフは、14本のクラブを使うスポーツです。パターを除いた13本全ての番手で同じように振るためには、クラブ全体がフローするように流れを作ることが大切。今回はウェッジ選びについて、そのポイントを紹介しました。スコアを作るのは、アプローチやパターのショートゲームです。皆さんも、自分のウェッジがバッグのなかでうまくセッティングされているかどうかを確かめてみてくださいね。

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る