ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

世界のトッププロたちのスイング集~ザ・アスリートスイング~

ADAM SCOTT(アダム・スコット)

長尺パターでマスターズ2位となったのは記憶に新しい。 次世代的スリーとスイングでホワイトタイガーの異名をとるA・スコット!

ADAM SCOTT

アダム・スコット

使用ドライバー

タイトリスト910D3

【長さ】44.75インチ 【シャフト】USTマミヤ・プロフォースV2(X/86g) 【ロフト】10.5度 【バランス】D4

このクラブの在庫を検索

1980年7月16日生まれ
183cm 82kg

出身地:オーストラリア・アデレード
出身校:ネバダ大ラスベガス校
プロ転向:2000年
趣味:スポーツ全般、サーフィン
世界6大ツアー勝利数:17勝(PGA7勝、欧州5勝、南ア1勝、豪州1勝、アジア3勝)

2010年PGA TOUR Performance
平均飛距離:294.4ヤード(33位)
フェアウェイキープ率:62.93%(110位)
出場試合数:20試合
獲得賞金額:$2,489,402(28位)
平均スコア:70.47(44位)
パーオン率:69.61%(31位)
平均パット数:1.799(136位)

ジュニアに教えるなら、ぜひお手本にしたいスイング。スイングのどのポジションでも 完璧だ。強いて挙げるなら、インパクトでの左腰の開きが若干早いように見える。左腰を 切らないと引っかけミスが出やすいのだろう。メジャー制覇を含み、今後の活躍を考慮し たなら、この左腰の開きを抑えることでスイングに遊びが生まれ、アイアンショットでは 余裕ができ、ゴルフの幅も広がるだろうし、メジャー奪取も近づくに違いない。

Photo & Text by Golf Style

※プロは頻繁にクラブ調整を行うため、実際使用するギアとは異なることがあります。

スイング解説 冨永 浩 (所属:アコーディアゴルフ)

1961年2月17日生まれ(49歳)。成城大ゴルフ部出身。85年にはアマチュアとして全米オープンに出場。国内外の選手の豊富な情報を持ち、現在はトーナメント中継解説などで活躍中。

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る