ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

世界のトッププロたちのスイング集~ザ・アスリートスイング~

ANTHONY KIM(アンソニー・キム)

20代後半で生きのいい選手といえばAKことA・キム。 もうすでにUSPGAのトップ選手としての立ち位置を確立。 実力もPGAツアー3勝と折り紙付き。今季はさらなる活躍を期待したい!

ANTHONY KIM

アンソニー・キム

使用ドライバー

ナイキVRツアー

【長さ】44.25インチ 【シャフト】USTマミヤ・アッタス8(X) 【ロフト】8.5度 【バランス】D3

このクラブの在庫を検索

1985年6月19日生まれ
178cm 72.5kg

出身地:カリフォルニア州ロサンゼルス
出身校:オクラホマ大
プロ転向:2006年
趣味:バスケットボール、アメリカンフットボール
世界6大ツアー勝利数:3勝(PGA3勝)

2010年PGA TOUR Performance
平均飛距離:287.2ヤード(101位)
フェアウェイキープ率:51.95%(190位)
出場試合数:14試合
獲得賞金額:$2,574,921(24位)
平均スコア:70.61(53位)
パーオン率:62.88%(176位)
平均パット数:1.777(87位)

強さと軟らかさを兼ね備えた素晴らしいスイング。まずトップスイングを見て頂きたい。下半身はほとんどアドレス位置ながら、上半身は90度以上もねじり上げ、しかもクラブはコンパクトな位置に納まっている。これだけ捻転差が大きいのだから、ダウンスイングへは自然にコイルのようにねじり戻される。こういうスイングだからこそ、力を入れても多少タイミングがズレてもショットがブレることは少ないと思われる。

Photo & Text by Golf Style

※プロは頻繁にクラブ調整を行うため、実際使用するギアとは異なることがあります。

スイング解説 冨永 浩 (所属:アコーディアゴルフ)

1961年2月17日生まれ(49歳)。成城大ゴルフ部出身。85年にはアマチュアとして全米オープンに出場。国内外の選手の豊富な情報を持ち、現在はトーナメント中継解説などで活躍中。

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る