ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

世界のトッププロたちのスイング集~ザ・アスリートスイング2~

Charles Howell III(チャールズ・ハウエル III)

2000年にプロ転向。翌01年にはノンメンバー(シード権無し)で153万ドルを稼ぎ出し、堂々のシード入り。これは当時の記録にもなっている。ショットメーカーとして有名だが、いまだ2勝しか挙げていない。今年33歳と脂が乗り始める頃だけにそろそろ3勝目が見たい。

Charles Howell III

チャールズ・ハウエル III

使用ドライバー

ピン・G20

このクラブの在庫を検索

1979年6月20日生まれ 180cm 70kg

2011年平均飛距離 297.3ヤード(40位)
2011年フェアウェイキープ率 57.51%(143位)

左右ストロンググリップにするメリットは、トップスイングまでに深くコッキングしやすいこと。そして、ダウンスイングでもそのコッキングをキープすることで大きなタメを作れることだ。ダウンスイングでボディー部を早くインパクト態勢にして、クラブヘッドが走り出し、加速していくのを待つ。インパクトまで顔の向きが変わらないのは、その位置で待っているからだ。待てずに顔を上げ始めてしまえば、そこでコックがほどけてダフるか、振り遅れてプッシュアウトになる。

Photo & Text by Golf Style

※プロは頻繁にクラブ調整を行うため、実際使用するギアとは異なることがあります。

スイング解説 高橋 完プロ (所属:S&Aプランニング)

1956年4月北海道生まれ、1982年プロ入り。ツアーから離れた後は、渡米してサンディエゴで最新スイングを学ぶとともにクラブ機能やクラブとスイングの相性なども解析し、理論を身に付け、現在は、アマチュアゴルファーやプロ志望の若手を指導している。日本テレビのトーナメント中継でラウンドレポーターも務める。

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る