ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最新ゴルフニュース

あしたハタチの原英莉花もビックリ! オーストラリアで体感した“米女子ツアー”

<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 初日◇14日◇ザ・グレンジGC(オーストラリア)◇6638ヤード・パー72>
初の米国女子ツアーに挑む原英莉花は、3バーディ・1ボギーの「70」をマーク。首位と5打差の2アンダー・17位タイで初日を終えた。
正真正銘のオトナ? 原英莉花が成人式で振り袖披露【写真】
「久しぶりに緊張しました。最初の1ホールはずっと緊張していました」。足どり軽くホールアウトを迎えた原だったが、やはり普段とは違う舞台で大きなプレッシャーを感じながらのスタートとなった。それでも、3番でピン手前6mからのパットを沈めバーディを先行。直後の4番でボギーを喫したが、後半の11番、17番でも6mを決めスコアを伸ばした。最終18番ではエッジからの5mをねじ込み、ナイスパーセーブ。上位をうかがえる位置で18ホールを終えた。
パットが好発進の決め手になったように映るが、本人は「決めておかないといけないところが決まっているのでボギーになっていないだけです。全然読めていないですね」と渋めの表情。それよりも、そこにつながるセカンドショットやバンカーショットへの手ごたえを口にした。
初の海外ツアーでは、さまざまな“ギャップ”にも驚かされた。まずは体格差。身長173cmで、日本では大型プレーヤーに位置づけられる原でも「一緒に回っている選手が、背は高いし、足も長い(笑)」とそのスケールに圧倒された。さらにプレー面でも、「軽く振っているように見えて飛んでいる。あとはスピンコントロールが上手ですね。グリーン上でダウンヒルのところでもピタッと止められるのがすごい」。19歳の目に映ったのは、日本では感じることのできない新鮮な光景ばかりだった。
「明日は午後からで、風が強く吹くと思う。ショットをコントロールできるように練習したいと思います」。大会2日目の15日に20回目の誕生日を迎える原。日本のホープの、自らを祝福するような好プレー連発に期待したい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る