ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最新ゴルフニュース

当日券は2倍、動員は前年比178%の大にぎわい 渋野日向子フィーバーは衰え知らず

<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日◇16日◇軽井沢72ゴルフ 北コース(長野県)◇6,705ヤード・パー72>
第1組のスタート時間が午前7時45分。その約1時間前には、雨にもかかわらず会場はすでに大勢のギャラリーでいっぱいだった。初日の当日券の売り上げは2635枚(昨年初日が1323枚で)で2倍。ギャラリー動員数は5577人。前年比で約178%(2448人増)を記録し、今週から発売した公式グッズの『渋野日向子』タオルは、会場オープンから1時間後には完売していた。
渋野日向子 きょうのベストショット【大会ライブフォト】
渋野が練習グリーンに現れたのが、スタート20分前の午前9時20分。クラブハウスから出てきた渋野の姿に大歓声が上がり、スタートを前列で見届けようとする人の波が1番ティに流れていった。同組で回った松田鈴英も「去年と全然違う。シブコ・フィーバーすごいですね」と驚いた。
「ギャラリーは先週以上だったので正直びっくりしたけど、なかなか周りを見る余裕もなかった。プレッシャーにはなりませんでした。声をかけてもらってうれしい」と、その中でも好プレーで会場を沸かせた渋野。「いつもパー5はバーディを獲るべき場所。あとはノーボギーで回れたら4アンダーでいけるので、それがベスト」と言葉通りのプレーを披露した。8番で3パットボギーを叩いたが、4つのパー5と1番、5番のパー4と6つのバーディを奪い、トータル5アンダー・7位タイ発進を決めた。
「優勝を狙うからには、初日はこれくらいのスコアじゃないと、(残り2日で)かなりビッグスコアを出さないといけないので。初日にしてはしっかりできた」。開幕前には「目標はまだ決めていない、どうしよう?」とおだやかな笑顔を見せていたが、当然見据えるのは国内3つ目の優勝。プレー中は清々しい表情でファンを魅了した。
晴れ予報の週末は、さらに大勢のファンが詰めかけることが予想される。「周りの人にも自分らしくといわれたので、自分らしくいきたい」と、周囲の喧騒はよそに、自分のプレーに集中するのみだ。(文・谷口愛純)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る