ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最新ゴルフニュース

“やる気なし”6パットにパター“叩きつけ” 全米OP3日目に棄権したダニー・リーが謝罪

ブライソン・デシャンボー(米国)の優勝に終わった「全米オープン」だが、後味の悪い事件が起こっていた。大会3日目のホールアウト後に棄権していたダニー・リー(ニュージーランド)が、自身がグリーン上で取った行動に対しSNSで謝罪文をアップした。
過酷な戦いで予選を通過したリーは、第3ラウンド18番のグリーン上で1.2メートルのパーパットを残したが、これが2メートルオーバー。さらにこのボギーパットを50センチオーバーすると、今度はアドレスも取らずにこのダブルボギーパットを強打。これが2.5メートルオーバーすると、さらに次のパットもろくに構えずにヒット。結局この“やる気なし”パットが続き6パット。このホールを「9」とし、トータル13オーバーでホールアウトした。
さらにリーは、グリーンから下りる際にキャディバッグにパターを叩きつけ、パターを思い切りバッグに投げつけた。その後大会側に手首のケガを理由に棄権していた。
これに対しリーは、ツイッターで謝罪。
「僕がとったみにくい行為について謝罪する。プロらしくなかったし、愚かだった。ファンやスポンサーを傷つけた。フラストレーションが限界を超えて、ケガもあって1週間きつかったが、それはいいわけにしかならない。あのように去るべきではなかった。USGAにも謝罪したい。しばらく休んで自分がしたことを考え、人として成長したい」
うまくいかないことが多いゴルフだが、米国でもっとも権威のあるナショナルオープンで起こったこのできごと。二度と繰り返されないことを望みたい。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

10月の買取強化倶楽部 あなたのクラブ高く買い取ります

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る