ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

マーク金井の試打職人

【キャロウェイ EPIC(2021年モデル)】2021年2月19日発売 キャロウェイ EPICシリーズとMAVRIK徹底比較!<スッパ抜き試打!>

 

新しいEPIC は3モデル

2021年、最も注目されているブランドのひとつがキャロウェイです。今回はEPIC(エピック)の後継モデルです。昨年はMAVRIK(マーベリック)というクラブが出ましたが、2021年はEPICです。EPIC(2021年モデル)のドライバーは、「EPIC SPEED」「EPIC MAX」「EPIC MAX LS」の3モデル! EPICのイメージカラーであるグリーンは踏襲されています。

進化したAIフェースとJAILBREAK

まず驚いたのは、ソールを見ると4つのドットがあること! これまでJAILBREAK(ジェイルブレイク)の「柱」は2本でしたが、4本になったということでしょうか? 3モデルに共通しているのは、前作から進化したと思われるAIフェースとJAILBREAK(ジェイルブレイク)テクノロジーです。以前はキャロウェイと言えば純正シャフトはSpeederが多かったですけど、今回から純正シャフトはDiamanaです。

EPIC MAXEPICと MAX LSには調整可能なウェイト搭載

EPIC MAXEPICと MAX LSには後ろに調整可能なウェイトが付いています。スタンダードモデルのEPIC SPEEDにはウェイトが付いていなくて、お尻が高いハイバックで空気抵抗を軽減させる形状になっています。EPIC MAXEPICと MAX LSは、お尻が高いのにウェイトを入れると重心が上がってしますので、ウェイトを入れるためにお尻が低くなっています。

キャロウェイと言えばAIテクノロジーです。今回のEPICには、フェースのデザインだけではなく、柱の部分(JAILBREAK)にもAIテクノロジーが使用されています。AIテクノロジーを駆使したEPICをさっそく打ってみたいと思います。

 

 

★【新モデル】EPIC SPEED 9.0°Diamana 50 (S)★

コントロールしやすい!

顔の形はキャロウェイらしい落ち着いたデザインで、黒いヘッドです。クラウンはカーボンですが、デザインではカーボンをあまり強調していません。構えた時にはフルチタンに近いような非常にオーソドックスな形です。シャフトは手元がしっかりしていて中間部分がしなりますね。第一印象は、「コントロールがしやすい」クラブですね。HS 43.5m/sで振ると、259.5Yが出ました。驚いたのは、ボール初速が64.6m/sも出ていること! コースではもっと飛距離が伸びるはずです。

 

 

★【新モデル】EPIC MAX 10.5°Diamana 40 (S)★

球がつかまる!

見るからにヘッドの奥行きが長いので慣性モーメントが大きく、重心が深いことがわかります。ソール後方に弾道調整のための可動ウェイトがついていますが、ノーマルポジションで打ちます。非常に打ちやすいですね。スイートエリアの広さを感じます。ウェイトの位置がノーマルでも、明らかに「球がつかまる」クラブですね。HS 42.4m/sで振ると、ボール初速62.9m/s、 254.1Yが出ました。EPIC MAXはEPIC SPEEDに比べて慣性モーメントが大きくて、ウェイトの位置がノーマルでも球のつかまりがいいです。

 

 

 

★【新モデル】EPIC MAX LS 9.5°TENSEI 55 (S)
※CALLAWAY SELECTED STORE限定モデル★

初速がハンパない!強い球が出る

EPIC MAX LSのシャフトはTENSEIのグリーンです。僕も初めて見ました。こちらもソール後方に可動ウェイトがありますね。「LS」ということは、SUB ZEROの後継なのでしょう。試打したのはロフト9.0°、TENSEI 55のSシャフトです。先が動くシャフトですね。構えると、「顔」がとても良いです。強い球が出るので、思わずその気になってしまいます。HS 44.1m/sで振ると、ボール初速64.8m/s、 263.5Yが出ました。打ってみてわかったのは、「SUB ZEROとはまったく違う」ということ。EPIC MAX LSは球がしっかりつかまる上に、非常に強い球が出るクラブです。見た目ではEPIC SPEEDの方がヘッドが小さくてアスリート向けに見えますが、プロもEPIC MAX LS使うんじゃないかな?僕が名付けるなら、LSではなくマキシマムディスタンスと名付けたいですね。安定してボール初速が出るので、これはコースに出たときに飛びますね。今回3モデル打ちましたが、個人的にはEPIC MAX LSがいいですね。慣性モーメントが大きいだけではなく、球の強さ、初速の出方に驚きました。EPICはもともと飛距離が出るクラブではありますが、EPIC MAX LSはこのヘッド形状で抑えた球が打てて、とにかく初速がハンパない!

 

 

 

 

MAVRIKと打ち比べ!

前作のMAVRIK(マーベリック)と打ち比べてみます。

★MAVRIK 10.5°Diamana 50 (S)★

MAVRIK (マーベリック)は、EPICと同じDiamanaですがシャフトが全然違いますね。EPICの方が弾き感があります。MAVRIK を打ってみるとHS 41.7m/sで振ってボール初速58.8m/s、242.4Y。バランス的にはいいと思いますが、明らかに新しいEPICの方が飛距離が出ます

 

 

★MAVRIK MAX 10.5°Diamana 40 (S)★

構えた時に、ヘッドが大きく感じますね。MAVRIK MAX(マーベリックマックス)はHS 42.8m/sで振ってボール初速63.4m/s、260.8Yが出ました。戦闘能力が高いですね!MAVRIKとMAVRIK MAXだったら迷わずMAVRIK MAXがおすすめです。

 

 

★MAVRIK SUB ZERO 9.5°TOUR AD SZ TYPEⅡ(S)★

MAVRIK SUB ZERO(マーベリックサブゼロ)は過去にも試打していますが、個人的には球がつかまらないので苦手意識があります。アドレスした時に、ノーマルポジションでフェースが右を向いています。これは好き嫌いが分かれると思います。HS 41.6m/sで振ってボール初速61.5m/s、248.8Y。右に行ってしまいます。チーピンが出たりひっかけるミスが出る人には向いていますが、フェードを打つ人は、インパクトでフェースがスクエアに入ってこないので右に出ます。EPIC MAX LSはSUB ZEROの後継と言われていますけど、僕の中ではかなり違います。EPIC MAX LSはインパクトがスクエアに来ます。

 

改めて打ち比べて感じたことは、MAVRIK MAXいいですよ!新作が出たので中古の価格はこなれてくると思います。

 

総評

新しいEPICは実践的なクラブですね。3モデルに共通しているのは、初速が非常に出やすいこと。当たるまで時間がかかるクラブとそうでないクラブがありますが、EPICはコースで朝一から狙いどおりの球が打てる、実践的なクラブですね。AIを活用しているそうですが、ヒューマンテストもしっかり行ったのではないでしょうか。特にシャフトはMAVRIKとの違いを感じました。すごくタイミングが取りやすいです。皆さんが打ってみてもシャフトの差が感じられると思います。EPICの3モデルの中で個人的にはEPIC MAX LSが非常に良かったです。

EPIC SPEEDは、ヘッドが小ぶりでコントロール性が高いですね。実戦でスコアメイクがしやすいクラブです。

慣性モーメントの大きさを活かしてキャリーを出すなら、EPIC MAX。

EPICならではの「一発の飛び」を求めるならEPIC MAX LS。しっかり棲み分けができているので、ぜひお店で試打して、自分にぴったり合うモデルを見つけてほしいですね。

 

 

 

マーク金井 (プロフィール )

1958年9月16日生まれ身長183センチ、 大阪府出身、血液型A型。ゴルフ雑誌編集者を経てフリーに転身。これまで試打したクラブは1,000本を越える。豊富な知識とシングルの腕前でクラブの試打&レポートをゴルフ雑誌やネットで展開。

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

10月の買取強化倶楽部 あなたのクラブ高く買い取ります

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る