ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

テーマ記事一覧

「 国内男子 」の記事一覧

全3251件中 11~20件目を表示

最新ゴルフニュース

中嶋常幸が体全体でしなやかに打てたのはジュニア期にスイングを作ったからだった【レジェンドのスイング回顧録】

1954年に群馬県で生まれた中嶋常幸は、1973年に当時史上最年少の18歳で「日本アマ」に優勝。1975年にプロ入りすると、翌1976年に早くも初勝利を挙げた。青木功と尾崎将司とともに、AON時代を築...

最新ゴルフニュース

時松隆光が地元の子供たちに消毒液を寄付 「できるだけ早く笑顔が戻ることを祈る」

22日(金)、ジャパンゴルフツアー選手会長の時松隆光が、地元の福岡県那珂川市の幼稚園、小・中学校に消毒液845本を寄付することが発表された。消毒液は、幼稚園3園、小学校7校、中学校3校の約5500人の...

最新ゴルフニュース

PGA資格認定プロテストの実施方法が変更 2次予選と最終のみに

日本プロゴルフ協会は22日(金)、新型コロナウイルス感染拡大に伴い開催を延期していたプロテストの実施方法を今年度のみ変更したと発表した。 え、まさか! 星野陸也の神業バックスピン【#stayhome動...

最新ゴルフニュース

大学を離れ再開を待つ日々 金谷拓実のパター練習法【選手のおうちゴルフ】

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、スポーツの各大会が中止や延期となっている中、活躍の場を待ちながら選手たちはどう過ごしているのだろうか。2019年「三井住友VISA太平洋マスターズ」で史上4人目のア...

最新ゴルフニュース

石川遼がプロ転向後に初優勝! 日本最古のトーナメント「関西オープン」の歴史を振り返る

5月21〜24日まで兵庫県神戸市の有馬ロイヤルゴルフクラブで熱戦が繰り広げられるはずだった国内男子ツアーの「関西オープン」。新型コロナウイルス感染拡大の影響で来年度に延期となった。来年も同じ有馬ロイヤ...

最新ゴルフニュース

勝負カラーは『赤』! 石川遼の新シーズンコーディネートはコレ【春夏に着たかった“勝負ウェア”】

今週は「関西オープン」が開催予定となっていたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でツアー再開の見込みが立っていない国内男子ツアー。コース上での選手たちの活躍が見られない中ではあるが、ウェアというアイ...

最新ゴルフニュース

青木功の“タメ”は半端ない 最小限の動きで最大限のエネルギーを生む化け物だった【レジェンドのスイング回顧録】

青木功は遅咲きだった。初めて日本ツアーで賞金王を獲得したのは1976年の34歳のとき。その後、1978〜1981年に4年連続で賞金王に輝き、1980年の全米オープンではジャック・ニクラスと死闘を繰り広...

最新ゴルフニュース

13年前、ついに男子ゴルフ界に“救世主”が現れた!【現場記者の“こぼれ話”】

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国内だけでなく世界各国で中止が余儀なくされているゴルフトーナメント。なかなか試合の臨場感を伝えることができない状況が続いています。そんななか、少しでもツアーへの思い...

最新ゴルフニュース

ジャンボ尾崎は“高弾道低スピン”で飛ばすパイオニアだった【レジェンドのスイング回顧録】

ツアー通算94勝、賞金王12回、生涯獲得賞金26億円など、数々の日本一の称号を持つジャンボ尾崎。日本のゴルフツアーを語る上で外すことのできない史上最高のゴルファーである。平成元年(1989年)、40代...

最新ゴルフニュース

キムタクになるまでやり続けろ!?“3年後理論”を忘れるな! プロレスラー棚橋弘至に学ぶスターへの10箇条

昨年、空前の“渋野日向子”ブームで一躍注目されたゴルフ界。しかし、男子ツアーでは試合数や観客動員数が伸び悩むなど、人気の陰りがぬぐえないままだ。 棚橋選手、クラブを持つ姿がキマッてます!【写真】 ...

全3251件中 11~20件目を表示

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る