ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン
アベレージゴルファー編

第2回 ニュートラルポジションの見つけ方

230ヤードの飛距離の壁を突破する!アベレージゴルファーの悩みをドラコン王者のレッスンが変える。

ドラコン王者・安楽拓也プロによる飛ばしのレッスン・アベレージゴルファー編。第2回目は、飛ばすためのスイングの土台とも言えるアドレスの作り方についてのレッスンです。安楽プロが最も大切にしている“ニュートラルポジション”とは何なのかを説明します!

ド前後左右どの方向にも動き出せる体勢を作る

飛ばすためにはまずは良いアドレスを作ることが重要。良いアドレスとは、テークバックでクラブを動かし始めるときに、スムーズな始動ができる体勢のことです。多くの飛ばせないゴルファーは構えの時点で力み過ぎる傾向があります。いつでも体を動かし出せる状態。それを体のニュートラルポジションと呼んでいるのです。重いモノをゆっくり持ち上げると、ゴルフにおけるニュートラルポジションができあがります。

股関節を支点に前傾させて膝をくの字に曲げる

重いものを持ち上げる動きをすれば、自然と良いアドレスができあがるわけですが、チェックするポイントとしては、股関節を支点に前傾させて、腰、膝がくの字になっていることをチェックしてください。仮に重いモノを持ち上げられたとしても背中を反り過ぎていたり、膝を曲げ過ぎて重心が後ろにかかっていたりするのは間違った姿勢です。直立した状態から股関節を支点に、腰と膝がジグザグになるように構えましょう。

NEXT

次回の更新は9月19日。プロでも最も気を使っている始動についてのレッスンです。飛ばすために必要な安楽プロらしい始動方法とはどのようなものなのか?お見逃しなく!

【ロケ地】千葉カントリークラブ 梅郷コース
【使用クラブ】安楽拓也プロ:NEXGEN ND201

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る