ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」

今回は、ブリヂストンゴルフ TOUR B XD-3 & XD-5 & XD-7

「ゴルフパートナー」で働く、クラブオタクの藤川清幸と凄腕クラフトマン、 山崎康寛が、ゴルファーのクラブ選びをサポートするべく、徹底試打レポート。 どれが自分に合っているのか、悩めるクラブの見極め方を解説。

グローバルに展開するブランド『ブリヂストンゴルフ』の登場から、早2年。さらなる進化を求めるアスリートゴルファーのための『TOUR B』。キーワードは「科学」。ブリヂストンが誇るタイヤの技術力を応用し、シリアスゴルファーが求める機能を直感的なものでなく、より論理的に追求した。ドライバーは特徴的な3つの形状。見た目から生まれる感性の部分も満たしたモデルだ。

アスリートの要求に、科学で応えたドライバー

ブリヂストンスポーツの新ブランド『TOUR B』。同社が提唱する科学的なアプローチにより、 アスリートがクラブに求める機能を満たした3モデルがラインアップされた。

見た目のバランスが取れた3つの個性的なヘッド形状

BS顔とも呼ばれる伝統的な丸型の『XD-3』、投影面積の大きい『XD-5』、洋ナシ型の『XD-7』と、それぞれバランスの取れた美しい形状です。機能面だけでなく、アスリートが求める見た目のよさを満たしています(藤川)

タイヤで培ったテクノロジー スピンを軽減して飛距離アップ

ブリヂストン独自のタイヤの接地面を解析する技術で、インパクトでの摩擦を適正化。レーザー彫刻を施した『パワーミーリング』は、スピン量が増えやすいフェース下部ほど彫刻のピッチを狭くして、スピン量の安定化を実現しています(藤川)

カリスマ店長・藤川の視点

低スピン性能が高く適度な直進性もある

構えると昔からのファンも安心できそうなBS顔です。低スピンで適度に直進性があって強い球になりやすく、42m/s以上ののヘッドスピードがあれば、飛距離が期待できます。振りやすく、適度なミスへの強さも備えています。

クラフトマン・山崎の視点

球筋の打ち分けがしやすく一発の飛びも期待できる

直進性が高いヘッドですが操作感もあり、ドローやフェードの打ち分けがしやすい中上級者好みの特性ですね。キャリーが多めに出やすく、低スピンで一発の飛びも期待できます。丸顔なので、つかまりをイメージしやすい形状です。

こんな人には『XD-3』がいい

・強い弾道で飛ばしたいハードヒッター  ・BS独特の丸顔を好む人  ・球筋を打ち分けたい上級者

カリスマ店長・藤川の視点

高めの弾道でつかまりもいいハイドローで飛ばせるヘッド

構現代風の安心感のあるヘッド形状で、ミスへの許容性があり、低スピンでボールのつかまりもよく、ハイドローで飛距離が出ます。他の大型ヘッドを使用している人はスムーズに移行できそうな素直さがあります。

クラフトマン・山崎の視点

安心感のあるシャロー形状で見た目通りにボールが上がる

3モデルの中で一番投影面積が大きい形状です。シャローフェースなのでボールが上がりやすいイメージが湧きます。実際、見た目以上にボールが上がり、ボール初速も速いので、大きなキャリーボールで飛ばせます。

こんな人には『XD-5』がいい

・大きなキャリーボールを打ちたい人 ・投影面積が広い形状が好きなゴルファー
・直進性とミスへの許容性を求める中上級者

カリスマ店長・藤川の視点

あおり打っても結果が出るハードヒッター向けモデル

最近では珍しい洋ナシ型のヘッドですが、かつてのものと比べるとやや丸みがあり安心感があります。見た目通りのヘッド特性で、あおって打っても左に行きにくく、フッカーがフェードを打つのに適しています。

クラフトマン・山崎の視点

フェード系でもスピン量が増えず上目の打点では超低スピンに

つかまり感はあまりなく、フェード系の球筋になりやすいですが、それでもスピン量が増えないのが特徴です。特に、フェース上部で打つとかなりの低スピンになり、一発の飛び性能は一番高いかもしれません。

こんな人には『XD-5』がいい

・左へのミスを嫌うフッカー ・洋ナシ形状を好むベテランゴルファー ・扁平な大型ヘッドが苦手な上級者

浅くて低めの、飛距離を重視した重心設定

3モデルに共通するのが浅めの重心深度。重心位置がシャフト軸線上と近いため、上級者が求める操作性と振りやすさを確保しています。また低スピン性能が高くなっているので、やや長めの重心距離と低めの重心高と相まって、飛ばしにはかなり有利な特性に仕上がっています。ただし、それを活かすにはある程度速いヘッドスピードが必要です(藤川)

選び方のココがポイント

低スピンで飛び性能が高いシリーズ 打ちたい弾道が決め手になる

どのモデルも低スピンで飛距離性能が高いですが、『XD-3』はコントロール性と安定した飛びがあり、『XD-5』はオートマチックに大きなキャリーボールが打ちやすい。『XD-7』は左に行きにくく、ハードヒッターが思い切り叩ける仕上がりです。はっきりした特性の違いがあるので、打ちたい球筋に応じて選択できます(藤川)

計測方法

藤川店長のヘッドスピードはドライバー換算で42m/s。試打結果は5球打った平均値。計測には弾道解析器「GC2」を使用。山崎クラフトマンは、ヘッドスピード45m/s、50m/s相当で試打したインプレッション

飛距離や操作性はもちろん、形状のよさや打感・打球音にもこだわり、上級者やギアマニアを納得させる仕上がりになった『TOUR B』。ヘッド形状の違いそのままに、弾道の特性も異なるのが特徴です。安定したキャリーボールで打ちたいなら『XD-5』、シャープで左へのミスが出にくい『XD-7』を好むゴルファーも少なくないはず。『ツアーステージ』からのBS党なら『XD-3』がお勧め。伝統的な丸顔に大きな飛びが加わっています(藤川)

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井のこれからいきますわ~

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る