ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」

今回は、ピンGハイブリッド&Gクロスオーバー

「ゴルフパートナー」で働く、クラブオタクの藤川清幸と凄腕クラフトマン、 山崎康寛が、ゴルファーのクラブ選びをサポートするべく、徹底試打レポート。 どれが自分に合っているのか、悩めるクラブの見極め方を解説。

やさしい機能が好評価を得て、ここ数年で国内でも急速に存在感を高めつつあるピンゴルフ。ドライバーやアイアンだけでなく、ミスに強いハイブリッド(ユーティリティ)も人気が高く、女子プロにも使用者が多い。今年はさらにハイブリッドでもアイアンでもない、新しいカテゴリー『Gクロスオーバー』が登場。アイアン型の中空構造で、これまでとは一線を画した、大きな飛びを実現した意欲作だ。

スコアメイクに貢献する形状の異なる2つのUT

正統派ウッド型UTの『Gハイブリッド』と、アイアン型の新しいカテゴリーとして登場した『Gクロスオーバー』。
アマチュアが苦手な距離をやさしく打てるお助けクラブだ。

ウッドのような安心感の『Gハイブリッド』

面長なアイアン型の『Gクロスオーバー』

構えた時の安心感を出しつつ左へのイメージが出ない形状

右方向へのミスのイメージが出にくい、つかまり顔のユーティリティが多い中で、ピンは面長で左にいきにくいイメージがあります。しかし、難しく見えるわけではなく、『Gハイブリッド』は投影面積が大きくウッドのようなやさしさがあり、『Gクロスオーバー』はバックフェース部に膨らみを持たせて、安心感を生み出しています(藤川)

アイアン形状ながら飛びとやさしさがアップ

ハイブリッドのやさしさと、アイアンの操作性を持つ新しいカテゴリーとして提案された『Gクロスオーバー』。単なるアイアン型ではなく、トゥ側に大きく重量を寄せた中空構造で、左へのミスを恐れずに飛ばせます(藤川)

カリスマ店長・藤川の視点

構えた時に安心できるやさしさ抜群のUT

ボールがとても上がりやすいのが印象的でした。ロング&ミドルアイアンの距離でこの高さが出せると、ゴルフが楽になります。意外とつかまらないので、UTにありがちな引っかけのミスが出にくくなっています。

クラフトマン・山崎の視点

高い打ち出し角が特徴 操作性の高さも魅力的

グリーンに直接止められそうなほど、しっかりと高さが出せるのに、ボールが吹き上がりにくいですね。ドローやフェード、高い球から低い球と打ち分けも非常にしやすく、長い距離を攻略するのに活躍してくれそうです。

こんな人には『Gハイブリッド』がいい

・ヘッドスピードが遅く、ボールが上がりきらない人 ・ロング&ミドルアイアンが苦手なゴルファー
・バックティで良いスコアを出したい中級者

カリスマ店長・藤川の視点

風に強い低弾道でランで距離を稼げる

私の力ではなかなかボールが上りきらず、フェースも返りにくいため、球筋はスライス系でした。しかし弾道はとても強いので、低空飛行で飛び、風のなかでも飛距離を稼げます。ウッドが苦手なゴルファーにもよさそうです。

クラフトマン・山崎の視点

アイアン形状ながら魅力的な飛距離性能

ガチーンという硬めの打感で、弾き感があります。近いロフト角でも『Gハイブリッド』に比べて、かなり飛距離が出ますね。重心位置が長い設定なので、シャフトが軟らかすぎると打ち負け感が出そうです。

こんな人には『Gクロスオーバー』がいい

・ウッドが苦手でアイアンが好きなゴルファー ・スピン量が多いハードヒッター
・アイアン型UTでティショットしたい上級者

クラフトマン・山崎の視点

ピンらしい重心距離の長さが特徴 ヘッドが返りすぎるミスを防ぐ

長めの重心距離で左へのミスを抑制しつつ、他のクラブとの流れも考慮されている点が見逃せません。『Gクロスオーバー』はドライバーを超えるほどの重心距離の長さで、独特の重心設定です。選ぶシャフトによっては、トゥダウンが大きくなりすぎるリスクもあります。

距離を打ち分ける 豊富なロフトバリエーション

ウッドからミドルアイアンまでの広い範囲で距離を打ち分けるための豊富なロフトバリエーション。飛ばしたい時は『Gクロスオーバー』、狙いたい時は高さの出る『Gハイブリッド』といった役割分担も有効です(藤川)

選び方のココがポイント

同じ番手でも飛距離差あり ティショットで打つなら『Gクロスオーバー』

アイアン型の『Gクロスオーバー』は、低スピンでとにかく飛ぶクラブ。近いロフト角の『Gハイブリッド』とは1番手以上の飛距離差があります。ロングアイアンより格段にやさしいものの、使いこなせるのはヘッドスピードが速く、ボールをつかまえていけるゴルファーに限られるでしょう。『Gハイブリッド』は、長い距離をショートアイアン感覚の高い弾道で打てる完成度の高いモデル。力のないゴルファーなら、アイアンの上の番手を抜いて、複数本入れるとスコアメイクに貢献してくれそうです(藤川)

計測方法

藤川店長のヘッドスピードはドライバーで42m/s。試打結果は5球打った平均値。計測には弾道解析器「GC2」を使用。山崎クラフトマンは、ヘッドスピード45m/s、50m/sで試打したインプレッション。

『Gハイブリッド』はロング&ミドルアイアンの距離を、方向性のよい高弾道で無理なく打てます。ヘッドスピードが速くない人なら、5番や6番アイアンを抜いて、ロフト角多めの番手を入れるといいでしょう。『Gクロスオーバー』は、ミドルアイアンが無理なく打てる人なら、飛距離を稼げそう。曲がりが少ないので、狭いホールや強い風でのティショットでは、大いに武器になります。用途に応じて威力を発揮する、魅力的な2モデルです(藤川)

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る