ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最新ゴルフニュース

古江彩佳、55HノーボギーVは新パター効果!? 「手元を10g重くしました」【勝者のギア】

<デサントレディース東海クラシック 最終日◇20日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(愛知県)◇6456ヤード・パー72>
互いにショット巧者で、“安定感”が持ち味のプレーヤー同士、最終日互いにノーボギーの一騎打ちとなった「デサントレディース東海クラシック」。東浩子とプレーオフまでもつれる激闘を制したのは、今大会55ホール・ノーボギーを達成した古江彩佳だった。

勝負の舞台は18番。例年より左サイドの池寄りに切られたピンが名勝負を演出した。正規の54ホール目は互いにグリーン右に池を避けたが、古江が約18mを決めるミラクルパット。勝負は決したかに見えたが、ここで東が7mを入れ返す。優勝への重圧がお互いに増す中、迎えたプレーオフでは古江は吹っ切れていた。
「もうスコアは関係ない。いったもん勝ち、逃げたら負け」とサンデーバックナインで重圧から停滞した反省を活かす。そのメンタルが大会55ホール目にして「自分を褒めたい、完璧なショット」というPWの一打を生み、ボールはピンに当たり30cmにピタリ。攻めた古江が最高の結果を生んだのに対し、東は「攻め切れなかった」と右手前7mと、ピンにつけることができなかった。
その古江、今週から見た目の異なるオデッセイ『ストロークラボTEN ショートサイトライン』にパターを変更していた。以前のものと同型ヘッドだが、本人の好みでサイトラインが短いもの、そしてオデッセイ担当者の勧めもあり、手元側が10g重いものに替えた。
「前のは太くて端っこまであるラインでしたが、ボールにある線の細さぐらいのラインが入ってて、3cmないぐらいのやつ。重さもヘッドは一緒で、手元をちょっと重くしていて、違いは10グラム程度だと思います。(古江さんからリクエスト?)そうですね。あまりパッティングを得意としてないので、私が手元で距離感をつかむタイプと(オデッセイ担当者からアドバイス)聞いて、今のパターで困ってないけど、別に試してみてもいいかなと思って、ちょっと作ってもらいました」(古江)
また、現在フェアウェイキープ率9位。ラフに入ると途端に難しくなる新南愛知CCでの好プレーに貢献したドライバーにささっているシャフトは、アマ時代から使用するフジクラの『スピーダーTR』。同社の担当者は「古江プロはスイング時の体の動きが終始安定しており、クラブ軌道が常に一定なイメージがあります。手元調子のTRは切り返したときの安定感を生めますし、インパクトでは強い先端がしっかりと前にボールを押し込んで安定したフェースコントロールができるので、その点がマッチしていると思います」と話している。
プロ初優勝まで「もっと時間がかかるかなと思っていた」という古江。自身を客観的に見てくれるアドバイスに素直に耳を傾けた結果、55ホールノーボギー、プロ初優勝という、望外の結果を生み出した。
【古江彩佳の優勝セッティング】
1W:ブリヂストンTOUR B XD-3(2018)
(10.5°、スピーダーTR 569S、45.25インチ)
3W:ブリヂストンTOUR B JGR(15°、※2019)
7W:ブリヂストンTOUR B JGR(21°、※2017)
4,5U:ブリヂストンTOUR B JGR(23,25°、※2017)
6I〜PW:ブリヂストンTOUR B X-CB
A,SW:ブリヂストンTOUR B XW-1(50,54°)
SW:ブリヂストンTOUR B XW-F(58°)
PT:オデッセイSTROKE LAB Black Series TENツアーラインショートサイトライン
BALL:ブリヂストンTOUR B XS
<ゴルフ情報ALBA.Net>

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

10月の買取強化倶楽部 あなたのクラブ高く買い取ります

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る