ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

マーク金井の試打職人

コブラ KING F9 SPEEDBACK ドライバー/

コブラ KING F9 SPEEDBACK ワンレングスアイアンスッパ抜き試打!>

 直進性が高い!鍛造ミーリングフェースのドライバー
 
 

★コブラ KING F9 SPEEDBACK ドライバー 10.5°Speeder Evolution for Cobra(S)★

どんなクラブ?

今回試打するクラブは、コブラです。コブラといえば、サイエンティストのブライソン・デシャンボー、日本でも人気のあるリッキー・ファウラー。この2選手が今年も、ものすごく活躍しています。コブラは僕も大好きなんですが、アメリカでは知名度が高いのに日本ではあまり注目されていませんでした。今まではコブラを店頭で見る機会はあまりなかったかもしれません。今回、ゴルフパートナーをはじめとしたゼビオグループの一部の店舗で、コブラの取り扱いを始めました。これは非常に嬉しいです。

日本仕様はアメリカ仕様とスペックが違う

僕はアメリカ仕様のコブラを持っているので、今日は日本仕様を試打するのが楽しみです。アメリカ仕様が好きな人はそれでもいいんですが、アメリカ人と日本人では合うスペックが違うといわれています。このコブラのドライバーもそうです。アメリカでは黄色とホワイトがありましたが、日本で販売されるのは黄色です。ロフトが2種類、9°と10.5°。スリーブがスリムでかっこいいんですが、プラスマイナス1.5°ロフトが調整できます。

日本のゴルファーに合ったヘッド重量とシャフト

日本仕様では、アメリカ仕様との大きな違いが二つあります。一つ目は、ウェイトです。ウェイトが二つ付いているのは、日本もアメリカも同じなんですが、日本仕様はヘッドが少し軽くなっています。ヘッドが重い方が飛ぶと言われることもあるんですが、重いと振り切れないという面もあり、日本人用にカスタマイズされてちょうどいい重量になっています。200グラムを少し切ったくらいです。僕は、これはすごくクレバーな選択だと思います。 もう一つが、シャフトです。僕はいつもアメリカ仕様のRを買いますが、Rでも硬いんです。向こうの人は力がありますからね。日本仕様には、フジクラとの共同開発のオリジナルシャフトspeeder evolutionが使われています。つまり、ただ単純にコブラを輸入するのではなく、日本のゴルファーに合ったヘッド、日本のゴルファーに合ったシャフトになっています。この点について僕は高く評価しています。

 

コブラの特徴的な鍛造ミーリングフェース

コブラF9ドライバーは、フェースがすごいんです。僕もフェースに一目惚れしました。鍛造だけではなくミーリングフェースです。非常に凝ったつくりです。ミーリングで打感がいいというのがコブラの売りです。フェースでボールを弾くと、ゴツゴツして重厚な音がします。 もう一つ新しいコブラにはすごい特徴があります。グリップエンドに、距離を測定できる装置が付いています。これはアプリを使用すると使えるそうです。

打ってみるとストレートな弾道!

今回試打するスペックは、純正のスタンダード10.5°。ワッグルすると、アメリカ仕様よりヘッドが少し軽くて、なおかつシャフトのしなりも感じます。長さは45.25インチ。あんまり長くはないですね。構えると、10.5°なんですが顔がまっすぐです。打ってみましょう。うわ~音が重たい!重厚な音です。どちらかというと、ヘッドスピードが速い人が好きな音ですね。今は43m/sくらいで打ちましたが、ヘッドスピードを少し上げてもう一発打ちます。45m/sくらいで打ってみましょう。弾道見ました?(※動画は文末のリンクよりご覧にいただけます)ストレート!!スタンダードのポジションにおいては、ヘッドの挙動が球をつかまえようというクラブではありません。まっすぐ打って、まっすぐ飛ばせる。よっぽどインサイドから打たないと、インパクトでフェースがかぶるという動きがないです。

向いているゴルファーは?

このクラブが向いているのは、フェースがかぶるのが嫌で、ひっかけたりチーピンが出たりする人、インサイドからヘッドを入れて強いドローを打って曲げたくない人。そんな人がより直進性の高い球が打てます。逆に、調整機能が付いているとはいえ、アウトサイドインにカットに振ってスライスを止めたい人は、思った弾道にはなりづらいです。このクラブは直進性の高い弾道が打てるとはいえ、誰でも飛ぶというクラブはありません。 球をストレートに打ちたい人、フックとチーピンを減らしたい人、そんな人には非常に満足度が高いクラブです。デシャンボーやリッキーが使っているくらいですので、ヘッドスピードが44~45m/s以上ある人、ヘッドスピードが速ければ速いほど、フェースの打感や手ごたえを感じられるクラブです。

 長さが同じで打ちやすい!革新的なワンレングスアイアン
 
 

★コブラ KING F9 SPEEDBACK ワンレングスアイアン N.S.PRO ZELOS 8 (S)★

どんなクラブ?

ご覧ください。たくさんアイアンがありますが、7番が6本あるわけではありません。全部同じ長さですが、番手が違うんです。デシャンボー選手が使っていて話題のワンレングス!5番からPWまで、全部同じ長さです。全部、7番の長さです。今回試打するのはスチールシャフトのZELOSですが、37インチです。一般的なスチールシャフトのアイアンは7番が37インチ、5番で38インチ、今はあまりないですが3番で39インチです。37インチは標準的な長さです。

ゴルフの常識にとらわれないワンレングス

ワンレングスアイアン、僕は打つのが2度目です。こんな時に、まず僕が見るのは、5番とPW、長いクラブと短いクラブです。5番でアドレスしたら、少し短く感じますね。5番でアドレスした足元に、目印にアライメントスティックを置きます。次に、PWでアドレスすると…同じ位置で普通に打てる!脚の位置が同じです。すごいでしょう。これを考えた人は、ゴルフの常識にとらわれない人ですね。

打ってみると5番は低くPWは高い球が出る

ヘッドは全て共通して一般的なポケットキャビティーです。まずは、7番アイアンから試打します。ヘッドが大きい割にグースは少なめです。構えると、ヘッドはやさしい感じがして、まったく違和感がないです。打ってみても、まったく違和感がないです。あたりまえですね、7番ですから。次に5番を打ちます。構えると、短い!7番を持っているみたいです。なるほど、球が低いですね。次にPWを打ちます。長い!普段のPWより1.5インチ長いです。打ってみると、かなりボールが上がりますね。

ロフトだけではなく、クラブの長さでも球の高さは変わる

コブラに限らず、球の高さはロフトだけで決まるのではなく、クラブの長さで球の高さは変わります。PWでクラブが1.5インチ長いということは、弾道がかなり高く上がります。逆に5番は、1インチ短いので普段の5番より低い球が出ました。これは、7番の長さなのでロフトが同じでも球が低く出るからです。皆さんもゴルフをプレーしていたらお気づきかと思いますが、クラブを短く持って打つと、同じクラブでも球が上がりにくいですよね。短く持つということは、ロフトが減るということと同じことになるんです。

革新的なワンレングスは、長さが同じで打ちやすい

ワンレングスアイアンは、ボールと自分との距離を変えたくない人には理想的です。しかし、球の高さはPWは高く、5番は低く出るので、これは慣れが必要ですね。長さが同じなので打ちやすいというメリットが手に入りますが、今までと各番手の球の高さが変わります。

アイアンが苦手な人は試してみて

デシャンボーが使っているくらいですから、メリットはあると思います。こういうクラブこそ、ゴルフパートナーで買って、自分に合えばそのまま使う、だめなら売って次のクラブの軍資金にするのがおすすめです。僕は、なんでもトライをすることが大事だと思っています。ワンレングスのような革新的なクラブを試してみるのもありです。 今回はコブラのドライバーとアイアンを試打しました。コブラのドライバーは日本ではなかなか手に入らないので、興味のある人は試してみてください。ワンレングスのアイアンは、人と違うものを使いたい、アドレスで距離感が変わって構えにくい、アイアンが苦手という人には、試してみる価値があります。コブラ、面白いですよ!ぜひ試してみてください。

 

 

マーク金井 (プロフィール )

1958年9月16日生まれ身長183センチ、 大阪府出身、血液型A型。ゴルフ雑誌編集者を経てフリーに転身。これまで試打したクラブは1,000本を越える。豊富な知識とシングルの腕前でクラブの試打&レポートをゴルフ雑誌やネットで展開。

 

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る