ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

マーク金井の試打職人

<フェアウェイウッドの人気ブランド打ち比べ!>

 

飛び系3番ウッドラインアップ

今回はフェアウェイウッド!フェアウェイウッドといえば3番ウッドを買う人が非常に多いそうです。ドライバーもそうですが、飛びを強くアピールしているフェアウェイウッドが本当に増えています。その中でも今回は、人気があってゴルフ雑誌にもよく取り上げられている、「飛び」に特化したフェアウェイウッド6機種を打ち分けます。どんな結果が出るのか、僕自身が一番楽しみです!よく集まりましたね。この企画は僕のためにあるような感じです。

  • ピンG410 3W ALTA J CB RED(R)
  • ヤマハRMX 3W TMX-420F (SR)
  • ゴルフパートナー ネクスジェン7 3W EIFシャフト
  • ブリヂストンJGR 3W TOUR AD for JGR TG2-5 (S)
  • プロギアegg 3W M-37 (R)
  • キャロウェイEPIC FLASH STAR 3W Speeder EVOLUTION for CW (S)

 

 

 

キャリーが出て直進性がいい
 
 

★ピンG410 3W ALTA J CB RED(R) ★

渋野効果でひときわ注目を浴びているピンG410からいきましょうか。ピンG410は可変機能付きスリーブになっていて、空気抵抗のフィンがついています。これは本当に私も使っているのですが、純正シャフトがALTA JCBで、鈴木愛プロも使っています。リーディングエッジが地面にペタッとつくのがピンG410フェアウェイウッドの一番の特徴です。リーディングエッジが地面につくことでボールにヘッドがスッと入るイメージです。

ヘッドは今どきの大型ヘッド、かなり大振りです。ALTA JCBのシャフトは手元が割としっかりしていて、中がしなるタイプです。ドライバーと同じタイプです。打ってみます。いい音!すごくいい手ごたえでした。ドライバーと同じく、非常に打感がいいですね。弾きがいいです。いい音。飛びますね。ほぼストレートな弾道で236ヤードでした。ヘッドスピードが41m/sなのでそんなに速く振っているわけではありません。ドライバーのヘッドスピードでいうと、43~44m/sぐらいで振った感じで236ヤードですね。これは240ぐらいいきそうですね。3番ウッドで240ヤードって、ドライバーと変わらないですよね。もう一回打ちます。これもど真ん中!231.9ヤード、いい感じですね。安定して230ヤードを超えています。方向性がいいですね、非常に直進性がいい。ピンG410の特徴としては、フェースの弾きが非常にいいです。もちろん好みはありますが、シャフトのタイミングが取りやすいですね。今回打ってみて意外でしたが、スピンが安定しています。フェースが薄いので、あまり上で打ってしまうとテンプラのミスが出ますので、芯の真ん中のほうで打ちました。メーカーさんに怒られるのを承知で言うと、ものすごく低スピンが打ちやすいクラブではなく、キャリーが出る3番ウッドです。

 

 

キャリーが出て、初速が出るのにピンG410より少し軽い
 
 

★ヤマハRMX 3W TMX-420F (SR)★

続いて、ピンG410に似ていそうなクラブということで、ヤマハRMXを打ってみます。ヤマハはドライバーもそうですが、慣性モーメントの大きさをうたっているメーカーです。当然そのポリシーは3番ウッドにもつながっています。慣性モーメントの大きさという意味では、ピンG410に匹敵するクラブです。飛び系といいますけど、やはりヤマハRMXもフェースが薄いですね。シャフトの長さは43インチです。手元がしっかりしていて、中から先の部分がしなります。打ってみます。これもフェースの弾きがいいですね。230ヤード越えでした。ヘッドスピードは同じくらいです。驚いたのが、スマッシュファクターというミート率が、なんと1.51でした。すごいですね。物理の原則では、一応、1.5を越えないと言われているのですが。

ヤマハRMXはフェースは薄いのですが弾きが非常にいいです。スピンは3,000回転の前半で安定していて、キャリーもしっかり出ています。音が非常に上品です。楽器を作っているヤマハだけあって、非常に上品で澄んだ音がしますね。ピンG410と似ていて、慣性モーメントが大きくてミスに強いです。キャリーが出て、初速が出ます。ピンというメーカーをかなり意識して新しくモデルチェンジされたのではないでしょうか。ピンに負けず劣らず、優劣つかず、初速が出ます。ヤマハRMXは振った感じでいうと、ピンG410より少し軽く感じます。「ピンG410は打ちやすいんだけど、少し重さがあるんだよね」という人も少なからずいます。少し軽めのクラブが欲しい人は、このヤマハRMXがいいと思います。

 

 

シャフトのしなりでヘッドスピードが上がる
 
 

★ゴルフパートナー ネクスジェン7 3W EIFシャフト★

続いて、ゴルフパートナーのオリジナル、ネクスジェン7です。僕はネクスジェンのドライバーが大好きですが、このネクスジェン7のフェアウェイウッドもシャフトに非常にこだわりがあるEIFシャフトです。このクラブの一番の特徴は、フェースプログレッションがあまり出っ歯になっていません。非常に球のつかまりがいい顔になっています。普通フェアウェイウッドは少し出っ歯になるのですが。ネクスジェン7のフェースはディープではありませんが、極端に薄くはありません。これはつかまりが良さそうです。打ってみます。高弾道で230ヤードです。シャフトのしなり戻りのタイミングが取りやすいですね。ちょっと当たりが悪いです。もう1発いきます。飛び系というのは力んじゃいけないですが、どうしても飛ばしたくなりますね。いい音です。238ヤード。ネクスジェン7のヘッドスピードはほかのクラブより少し速いですね。これはシャフトなんですよ。シャフトは軽いですがしなりを感じるので、軽いのに軽く感じない、結果的にヘッドスピードが上がるんです。これは飛び系です。ピンG410、ヤマハRMXと同じか、それよりちょっと飛んでいるかもしれません。いいですね。

 

 

フェアウェイウッドらしい弾道とスピン
 
 

★ブリヂストンJGR 3W TOUR AD for JGR TG2-5 (S) ★

続いては、ブリヂストンJGR。JGRドライバーにはビスがついています。フェアウェイウッドはドライバーに比べてフェース形状が薄く、反発がドライバーほど上がらないので、ビスは必要ないと思います。ただ、JGRの反発を上げるテクノロジーはフェアウェイウッドにも使っています。シャフトは、やはりブリヂストンといえばTOUR ADですね。ヘッドにはドライバー同様にスリットが入っています。このスリットがフェースのたわみを生むということですね。ブリヂストンJGRはいい顔をしていますね。シャフトのしなり感もTOUR ADらしいです。打ってみます。いい音です。226ヤード。シャフトのしなりが、タイミングを取りやすいです。235ヤードでした。このクラブは安定していますね。スピンもそれなりに入っています。でも、2~3ヤードというのは誤差の範囲です。「2ヤード飛ぶからこっちの方が飛ぶのか?」といえばそうではなく、誤差の範囲内です。機械の計測誤差もあれば、人間の誤差もあります。ピンG410やヤマハRMX、ネクスジェン7と比べると、フェアウェイウッドらしい弾道とスピンです。ティーショット専用のクラブではありませんからね。フェアウェイウッドらしい弾道で、飛びの性能も高いということです。

 

 

着弾後のランが一番出る!
 
 

★プロギアegg 3W M-37 (R)★

残すは2本です。ずっと、「俺を打て」って言っているんですよね、このプロギアegg。僕はeggは初代から買っているんです。古い話ですが、有名なプロが初代のegg3番ウッドで日本オープンを制したんです。僕はそれを見てすぐ初代eggを買いに行きました。eggといえば、デザインが独特なクラブが多かったのですが、今回は嘘みたいにキレイなシンプルなつくりです。ソールのデザインはシンプルですが、艶消しでシックですね。車も艶消しがブームですが、クラブも艶消しがブームになっています。シャフトは43インチ、M-37なので他のクラブよりは少し軟らかいです。フェアウェイウッドらしいですね。打ちます。eggっぽい、独特な感覚です。球のつかまりいいですね。シャフトは結構しなります。今まで打った中で一番スピンが少ないです。重心が低いのでしょうね。トータルの飛距離は235ヤードですが、着弾後のランはeggが一番出ます。ティーショットはランが欲しいですよね。今回5本打った中では、eggはティーショット向きです。ティーショット的に打って、非常にランが出るということですね。そして、風に強い球が打てます

 

 

真打登場!一発の飛びを求めるならこれ
 
 

★キャロウェイEPIC FLASH STAR 3W Speeder EVOLUTION for CW (S) ★

ラストはEPIC FLASH STARです。ジェイルブレイクがついています。ドライバーと一緒で、フェースの裏側に2本の柱があります。そして、AIフェースです。テクノロジーが使われていますね。

シャフトはフジクラとコラボのEVOLUTION。結構しっかりしています。さあ、キャロウェイの実力やいかに。真打登場といった感じですね。「いいクラブは1発打てば分かる」と言いますけど、これは掛け値なしです。1ヤード2ヤードの競争でいえば、EPIC FLASH STARは1等賞でありました。1.7ヤードぐらいですので、そこにこだわるかどうかは皆さんの判断に任せますが、やはり、このフェースの弾き感はいいですね。やるな、EPIC FLASH STAR。6本も打てば、最後は疲れてくるんですけどね。もう1発、この実力を見せてもらいたいです。ちょっとフェースの下に当たりましたが238ヤード。すごいな。スイートエリアも広いです。

 

 

飛び系3番ウッド6本の総評

6本打ちまして、みんなそれぞれ、飛びの性能は高いと思います。ランが欲しければ、eggがいいですね。1発の飛びが欲しければ、データ上一番飛んだのはEPIC FLASH STARでした。安定してキャリーと飛距離が出たのは、ピンG410とヤマハRMXネクスジェン7の3本です。

安定して飛距離がでたのはこの3本!

この3本は、ヘッドの形状がすごく似ているんです。割とフェースが薄めで似ています。ですから、結構音も似ていました。長さはピンG410がちょっと短くて、ネクスジェン7とヤマハRMXが少し長めです。キャリーで飛ばしたいのであれば、ネクスジェン7、ピンG410、ヤマハRMX、これがおすすめですね。ブリヂストンJGRは、フェアウェイウッドらしいフェアウェイウッドですね。もちろんぶっ飛び系でフェースの弾きもいいのですけれど、やはり、フェアウェイウッドとしての弾道、安定感を求めるならブリヂストンJGRではないでしょうか。

 

自分に合うクラブは打ち比べて選ぶ

今回は6本試打しました!皆さんもこの動画を見て「どれにしようかな」と思ったら、とりあえず迷ったものは全部買っちゃいましょう。シャフトの好みもありますから、コースで打ってみて、どれが自分にとって一番使いやすいのかを打ち比べてみることが大事です。私がインプレッションしたものもぜひ参考にしていただければうれしいですが、私が飛んだクラブが皆さんも飛ぶとは限りません。フェースの弾きに関して言うと、テクノロジーが進化して浸透していますから、今や弾かないフェースなんていうものはないのではないでしょうか。逆にいうと、特に大手メーカーは、飛び系じゃない3番ウッドなんていうものはあまりないと思ったほうがいいです。構えたときのボール上がりやすさ、つかまりの良さは、フェースの見え方やフェースプログレッションなどで変わってきます。そして一番大事なのは、シャフトはしなりでタイミングを取ります。シャフトは打たないことには分かりませんので、吟味して、自分が一番飛ぶ3番ウッドを見つけてください。

 

 

マーク金井 (プロフィール )

1958年9月16日生まれ身長183センチ、 大阪府出身、血液型A型。ゴルフ雑誌編集者を経てフリーに転身。これまで試打したクラブは1,000本を越える。豊富な知識とシングルの腕前でクラブの試打&レポートをゴルフ雑誌やネットで展開。

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

10月の買取強化倶楽部 あなたのクラブ高く買い取ります

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る