ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

ロゴマークが変わりました

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

マーク金井の試打職人

<ゴルフパートナー2018年上期 売れ筋ドライバーTOP5>

 ゴルフクラブも見た目が9割!
 
 

★第3位 キャロウェイ ローグスター (10.5S speeder EVOLUTION for CW 50)★

どんなクラブ?

ゴルフパートナーの2018年売れ筋ドライバー第3位はキャロウェイのローグスター! ROGUEを辞書で調べると、ならず者、荒くれ者といった意味ですね。エピックの派生モデルとして作られましたが、エピックとの大きな違いは、ヘッドの奥行きが非常に深いんですよ。そして、フェース厚が非常に薄くなっている。車で言うと、ワイド&ローみたいな感じです。非常にシンプルなつくりですが、慣性モーメントが大きく、ヘッドがブレにくいのが特徴です。クラウンにカーボンを使用することで軽量化をしています。シャフトは可変式ではなくペンシルネックですっきりしています。

 

 ヘッド内部の2本の柱が特徴

構えるとヘッドの大きさを感じますね。打ってみると、弾きがいい。ジェイルブレイク構造というのは、ヘッド内の2本の柱がクラウンとソールをつないでいて、インパクト時のクラウンとソールのたわみによるエネルギーロスを抑制すると言われています。ジェイルブレイクのイメージが人気の理由かもしれないですね。実際に打ってみると、打点のブレに強いんですよ。ミスしても飛距離が落ちない、それで人気があるんでしょうね。

 まずは10.5度のSを打ってみよう

3位にランクインしたシャフトは、speederのキャロウェイバージョン、スペックは10.5度のS。慣性モーメントが大きいと、球をつかまえにくくなるんですが、10.5度にすると球が上がるだけではなく、つかまるんですよ。このシャフトはSでもそんなに硬くなくて、しなりを感じます。僕はこのクラブに関しては10.5度のSをおススメします。まずは皆さんにもこの10.5度のSを打ってみてほしいですね。もしも球がつかまりすぎるようであれば、ロフトを立ててみてもいいと思います。

 

 トップでフェースがシャットに上がる人はぜひ!

このクラブの性能のよさを引き出せるのは、ダスティン・ジョンソンのようにトップでフェースがシャットに上がる人ですね。逆にトップでフェースが開いてしまう人には、このクラブはちょっと難しいかもしれません。人は見た目が9割といいますが、ゴルフクラブも見た目が9割です。この慣性モーメントの大きさを生かすことのできるスイングの人が使うと、飛んで曲がらない球が打てます。3位になっているだけあって、やさしさはピカイチです。

 

 

ゴルフパートナー2018年上期 売れ筋ドライバーTOP5

その他の順位はこちら

1位 テーラーメイド M4 (9.5S FUBUKI)

2位 ダンロップ ゼクシオテン (10.5R MP1000) 

4位 ネクスジェン NEXGEN6 (10.5 EIF Black)

5位 テーラーメイド M3 460 (9.5S KUROKAGE TM5)

 

マーク金井 (プロフィール )

1958年9月16日生まれ身長183センチ、 大阪府出身、血液型A型。ゴルフ雑誌編集者を経てフリーに転身。これまで試打したクラブは1,000本を越える。豊富な知識とシングルの腕前でクラブの試打&レポートをゴルフ雑誌やネットで展開。

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井の試打職人

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る