ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

おかげさまで2つのNo.1

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

マーク金井の試打職人

<2018年秋の新ドライバー7選>

 ゼクシオを踏襲!ありそうでないクラブ
 
 

★#6スリクソンZ585(9.5°S Mahana)★

 

ゼクシオを踏襲したスリクソン!?

続いてはスリクソンZ585!ダンロップといえばゼクシオとスリクソンが二大ブランドです。初めてスリクソンZ585を見たときには、それ本当にスリクソンなの?と思いました。前作から名前は引き継いでいるんですが、前作の名残がひとかけらもない!ダンロップも前作をほぼ踏襲してないと発表してます。では何を踏襲しているのか。ダンロップといえばゼクシオです。スリクソンZ585は、ゼクシオのテクノロジーを採用してカップフェースになっています。そしてカーボンクラウン。フェースはルール適合の範囲内で非常に弾きがいいです。フェースでボールを弾いたときの金属音、音だけ聞いたらゼクシオですね。フェースは黒いんですが音はゼクシオ!

 

ダンロップの特徴的なシャフト

Z585はヒール部分にウェイトがひとつついています。ウェイトが変えられるのでヘッドの重量が選べる、僕が大好きな大事なポイントです。Z585のネックはゼクシオと同じくシンプルな構造で可変式ではありません。シャフトはダンロップといえばミヤザキですね。ミヤザキシャフトのマハナ。ダンロップはインターナショナルフレックスコードという数字を採用していて、シャフトを4つに分けて硬さを表示しています。このクラブは5433、手元が5、手元よりのまん中が4、先よりのまん中が3、先が3。手元が硬くて先に行くほど軟らかいことを表しています。中先調子というのを数値化しています。ワッグルしてみても手元がしっかりしていることがわかります。

 

以前のスリクソンよりつかまりがいい

顔が全てではないと以前に言いましたが、Z585はけっこう顔が変わったんですよ。丸というよりは三角形。三角のしぼりこみで前作と顔が変わりました。顔については、それぞれの好みですね。

顔よりも打った感じが大事なので打ってみます。45.25インチ。構えた感じもしっかりしてます。いい音するな~。ど真ん中!前作のスリクソンと音は全然違いますね。もう一発打ちます。いい感じですね。 前作のスリクソンは「左に行かないゼクシオ」と僕は名づけたんです。ゼクシオはつかまりやすく、スリクソンは左のミスが少ないクラブのイメージでした。Z585はゼクシオのテクノロジーだからというだけではなく、つかまりがいい。大きいヘッドで重心距離はそんなに短くはないですが、ヘッドのターンが手に伝わってきます。シャフトの重量は50グラム台でゼクシオより軽いです。

 

ゼクシオよりターゲット年齢が低め

ターゲットでいうとゼクシオは年齢層高め、スリクソンは低めに設定されています。まだゼクシオを使うには早い、ゼクシオだとちょっともの足りないという人がターゲットですね。ゼクシオよりはちょっとしっかりしたクラブを使いたい、でもアスリートモデルはちょっと難しいという人向けです。

 

練習しないゴルファーの救世主!?

シャフトにあまりこだわらない人にとってZ585はバランスがいいクラブです。ボールをたくさん打ってものすごく練習したい人より、あんまり練習せずにコースに出たときにそこそこいい球が出てくれればいい、という人におすすめです。スリクソンはアベレージゴルファー向けではありませんが、キャラクター的には年齢層が高くない30~50代で練習はあまり行かないけどそこそこ球が飛ぶ人向けです。 球のつかまりに関しては、癖がないですね。ストライクゾーンが広い。値段が安いから買うのではなく、ゼクシオを打ってみてもの足りない場合や、アスリート向けを打ってみて球の出方が極端だからもうちょっとニュートラルなクラブが使いたい場合には、スリクソンZ585はおすすめです。なかなか、ありそうでないクラブです。

 

 

動画はこちら↓

 

 

2018年秋の新モデル7選 ドライバー打ち比べ

その他のクラブはこちら(順次公開予定)

#1 テーラーメイドMグローレ(10.5°SR Speeder EVOLUTION TM)

#2 ヤマハ  インプレスUD+2(2019)(10.5° R TMX-419D)

#3 タイトリストTS2(9.5°  S  Titleist Speeder 519 EVOLUTION)

#4 タイトリストTS3(9.5°  S  Tour AD VR-6)

#5  ブリヂストン  ツアーB  XD-3(2018)(9.5°  Tour AD VR-6)

#7 スリクソンZ785(9.5°  S   Mahana)

 

マーク金井 (プロフィール )

1958年9月16日生まれ身長183センチ、 大阪府出身、血液型A型。ゴルフ雑誌編集者を経てフリーに転身。これまで試打したクラブは1,000本を越える。豊富な知識とシングルの腕前でクラブの試打&レポートをゴルフ雑誌やネットで展開。

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井のこれからいきますわ~

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る