ゴルフクラブを売る、買取、下取はお任せ!高額買取!

おかげさまで2つのNo.1

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

マーク金井の試打職人

<2018年秋の新ドライバー7選>

 ゼクシオのやさしさと少しの操作性でツアープロも使用!
 
 

★#7スリクソンZ785(9.5°S Mahana)★

 

Z585との違いは?

最後の1本は、スリクソンZ785!Z585の兄弟モデルですね。Z585よりもアスリートライクな位置づけです。デザインは似ていますが、Z585との違いとして、Z785は穴が開いています。Z585は可変式ではないけれど、Z785は可変式でシャフトを取替えたり、フェースの向きを変えたりできます。

ヘッドのサイズを比較すると、Z785の方が少しだけシャープな感じです。構えた感じも、Z785の方が少し締まって見えます。今回試打する シャフトは、先程紹介したZ585とまったく同じミヤザキシャフトのマハナ。手元が硬くて順に軟らかくなってくる中先調子のシャフトで長さは42.25インチ、重さも同じです。

ヘッドの形状は三角形で、ゼクシオに近いですね。Z785もフェースにゼクシオのテクノロジーが使われているので、フェースでボールを弾いたときの音は金属的ないい音がします。クラウンはZ585と同じくカーボンです。

まとめると、Z585との違いは、可変式なのでシャフト交換が簡単です。シャフトにこだわる方はZ785の方がいいでしょう。あとは、構えたときに少しシャープな感じがします。

 

打ってみると音がいい!

打ってみます。なるほどね。音がいいな~!前作のスリクソンの音とは全然違いますね。ゼクシオほどキンキンした音ではないけど金属音がします。本当に音がいい。 スリクソンらしさを出すためにフェースを黒くしていることで非常に精悍に見えます。セッティングとしては適度な重さがあります。もう一発打ちたくなりました。3発ともナイスショット出ちゃいました!

 

ツアープロも使用するバランスのよさ

今年のツアーでZ785を使っているプロが多いんですよ。これまでは契約でスリクソンを使わないといけないのに、ゼクシオを使っているプロが多かったんですけどね。Z785が出たとき、僕はそんなにいいなとは思ってなかったんですが、プロが使って勝ち始めるといいなと思ってしまいますよね(笑)。正直に言うと、最初に試打したときは、スリクソンのよさがわからなかったんです。でも、プロが使用して活躍して気になり始めました。改めて試打すると、Z785はバランスがいいですね。

 

ニュートラルで操作できるクラブ

Z785は、やさしさはあるけれど、少し操作性があって、バランスがいい。少しの操作性、少しなんだけどこの「少し」はけっこう差があります。まっすぐ飛ばしたい人はスリクソンなら迷わずZ785を選んでほしい。球を少しドローで行きたい、フェードで行きたい、そんな方にもZ785。 球のつかまりに関して言うと、ダンロップらしいストレート。ものすごくヘッドが返るわけでもなく、絶対に左に行かないというような強いバイアスもない。この部分でもゼクシオに近くてニュートラルです。

プロが簡単にZ785にスイッチしたというのは、挙動がイメージする挙動とリンクしているからだと思います。慣性モーメントの大きさ、フェースの反発の数値も大事かもしれないけど、Z785は打ったときに自分の意思で操作ができるクラブです。僕のようにシャットで打っても打てるし、フェースに開閉があっても、どちらのスイングでも打てるクラブです。シャットに打つと打ちづらいというような極端な特性はないです。

 

スリクソンへの先入観がない人におすすめ

ではスリクソンZ785を買うかどうか。スリクソンへの先入観がなくて、打ちたいなと思った人は、打ってみて気に入れば買えばいいと思います。逆に、スリクソン一筋の人が使うと、今までのスリクソンと全然違うじゃないかと思うかもしれない。スリクソンに対するイメージが強い人は、見た目で拒否反応が出るかもしれません。見た目で拒否反応が出るんだったら、無理して使う必要はありません。クラブは必ずしも最新のものを使う必要はない。これまでのスリクソンのヘッドの顔が好きな人は、無理して手を出す必要はありません。 でも、先入観がなく、手頃な価格でしっかりしたクラブを、シニア向けではないクラブを使いたい人には、魅力的なクラブだと思います。

 

動画はこちら↓

 

 

2018年秋の新モデル7選 ドライバー打ち比べ

その他のクラブはこちら

#1 テーラーメイドMグローレ(10.5°SR Speeder EVOLUTION TM)

#2 ヤマハ  インプレスUD+2(2019)(10.5° R TMX-419D)

#3 タイトリストTS2(9.5°  S  Titleist Speeder 519 EVOLUTION)

#4 タイトリストTS3(9.5°  S  Tour AD VR-6)

#5  ブリヂストン  ツアーB  XD-3(2018)(9.5°  Tour AD VR-6)

#6 スリクソンZ585(9.5°  S  Mahana)

 

マーク金井 (プロフィール )

1958年9月16日生まれ身長183センチ、 大阪府出身、血液型A型。ゴルフ雑誌編集者を経てフリーに転身。これまで試打したクラブは1,000本を越える。豊富な知識とシングルの腕前でクラブの試打&レポートをゴルフ雑誌やネットで展開。

この記事のシリーズトップページへ

ピックアップコンテンツ

飛距離・スコアを上げたい

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アスリートゴルファー編
  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン アベレージゴルファー編

これからデビュー・初心者向け

  • 安楽拓也プロのゴルファータイプ別飛距離アップレッスン 初心者編
  • 世界のトッププロ達のスイング集

旬ネタ・スゴ技・エンタメなど

  • 話題のクラブを多角的に検証「ギア総研」
  • マーク金井のこれからいきますわ~

練習場イベント

買取強化クラブ

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る