新品クラブ、中古クラブが豊富なゴルフショップはゴルフパートナー

ゼビオグループ契約 リディア・コ選手が、 3/11 (土 13 30 よりジャパンゴルフフェア 2023 にてトークショーを行います。詳細はこちら

新品クラブ、中古クラブが豊富なゴルフショップはゴルフパートナー

買取コラム連載

知っておきたい!中古クラブ買取の世界

クラブ買取マイスターコラム Vol.12

【ニセモノクラブにご用心】 ピン「G425 MAX」シリーズの本物・ニセモノを見極める方法は?

前回(第11回)は、2022年に大ヒットしたテーラーメイド『STEALTH(ステルス)』シリーズの本物とニセモノの違いを動画で解説しましたが、いかがでしたか? 本物・ニセモノの見極めポイントがわかるので、まだ視聴されていない方は、ぜひご確認ください。

今回のテーマは、2020年の9月に発売されたピン「G425 MAX」シリーズの『本物・ニセモノの見極め方』です。発売時はもとより、今でも中古クラブ市場で人気の高いクラブなので、お使いになっている方も多いのではないでしょうか。残念ながら、この大人気モデルについても精巧なニセモノクラブが流通しており、先日それを入手しました。

ゴルフパートナーではニセモノクラブが中古市場に流通しないよう、『クラブ買取マイスター』資格取得者を始め、スタッフ一同が見極めの研鑽に努めておりますが、皆さんにも『見極めマイスター』になっていただきたく、本物・ニセモノの見極めポイントを動画で解説します。

前回に引き続き、解説は『クラブ買取マイスター』の近藤真也さん。具体的な見極めポイントをぜひ覚えていただければと思います。

< ① G425 MAX ドライバー動画 >

< ② G425 MAX フェアウェイウッド動画 >

いかがでしたか?

本物・ニセモノを比較することで、形状やプリント、色味の違いなどがおわかりになったかと思います。また、本物とニセモノの違いが表れやすい箇所も、ぜひ併せて押さえてください。

インターネット取引の拡大に伴い、ニセモノクラブの流通も増えているといわれています。現在お使いのゴルフクラブが「本物かどうか不安」という方は、ゴルフパートナーの『クラブ買取マイスター』在籍店舗へお気軽にお問合せ下さい。

厳しい試験に合格したスタッフだけが名乗れる『クラブ買取マイスター』は、いわば「ゴルフクラブ買取のスペシャリスト」であり、現在全国に220名以上おります(2022年12月末現在)。

クラブ買取マイスターが在籍している店舗は下記ページでご確認いただけますので、ご不要になったクラブがあれば、ぜひ無料査定にお持ちください。ここからは、『クラブ買取マイスターの声 vol.12』をご紹介します。

ゴルフパートナー ゆめモール下関店 成江亜美さん
クラブ買取マイスターの声 vol.12ゴルフパートナー ゆめモール下関店
成江 亜美さん
(2022年12月現在)

―― 成江店長の経歴を教えてください。

成江 2017年に新卒で入社し、豊中服部店(大阪府)に配属されました。2018年9月より171茨木店(大阪府)、2019年4月よりR3新宮店(福岡県)で勤務しました。2020年10月よりR3宗像店(福岡県)の店長となり、2022年4月よりゆめモール下関店(山口県)の店長を務めております。

―― 成江店長がクラブ買取マイスターの資格を取得しようと思ったきっかけは何でしょうか? また、資格取得の前と後で、買取接客などにおいて変わったことはありますか?

成江 買取クラブをお持ちいただくお客様の安心材料の一つになればと思い、クラブ買取マイスターを取得しました。また、自身の買取スキルのレベルを客観的に知りたかったことも理由の一つです。資格取得の際に改めて学び直したことで、以前よりも査定金額の説明において説得力が増したと思います。お客様との会話はもちろんのこと、クラブの取り扱いにおいても意識が変わり、販売だけでなく買取でのコミュニケーションの質も上がりましたね。

―― お客様のクラブを査定する際、成江店長が最も意識していることは何でしょうか?

成江 感謝の心です。ゴルフクラブは、気軽に運べるものではありません。インターネットや競合店での買取もある中で当店をお選びいただき、わざわざお店までお持ちいただいたことに感謝の気持ちを表すことを忘れないように気をつけています。感謝の気持ちがあれば、自然と査定も接客も丁寧になります。また、査定金額を伝える際は必ずプラスの言葉を添えて、お客様に気持ち良くクラブを買取に出してもらえるよう意識しています。

―― 今回のコラムのテーマは「ピン G425シリーズ」の真贋確認ですが、これまでに偽物クラブを査定したことはありますか?

成江 何度かあります。一番多いのがスコッティキャメロンのパターですね。新作のキャメロンパターを買いにいらっしゃったお客様が、下取りでお持ちになったパターが偽物でした。お話を伺うと、「1年ほど前、インターネットで型落ちの新品が3万円程度だったので買った」とのこと。たまたま同モデルの正規の中古品が店頭にあったので、お客様と一緒に見比べながらご説明しました。偽物と知らずに1年近く使っていたことにがっかりされてはいましたが、「判明してよかった、これからは正規品を使える」と、安心して新品のキャメロンパターを購入されました。

―― 思い出に残っている買取のお客様のエピソードを教えてください。

成江 クラブを購入されるお客様に「下取りのクラブはございませんか?」と聞いたところ、「クラブの買取なんてしたことないけど、どうせ大した金額にならないでしょ」。「そんなことおっしゃらずに、今日お持ちでしたら見せてください!」とお願いして、使っていないクラブを含めて4~5年前のものを4本査定させていただきました。10分ほどで査定を終え、差額をお伝えすると「えっ、もう終わったの? 金額もこんなに付けてくれるんだ! 買取ってお得なんだね~」と大喜びでした。お帰りの際も「家に使っていないクラブがまだあるから、今度持って来る!」と言っていただき、とても嬉しい気持ちになりました。

―― 最後に、下関店で今最も欲しい買取クラブは何ですか? アピールも含めてお願いします。

成江 今欲しいのはパターですね! 特にピン型のパターを渇望していますが、どのカテゴリでも買取は大歓迎です。当店はレディースの売場も大きいので、レディースクラブの買取もお待ちしております。ぜひ、気軽にお立ち寄りください!

このコラムに関連するおすすめコラムはこちら

メニューを閉じる

クラブを買う・売る

ゴルフ初心者の方へ

ページトップへ戻るページトップへ戻る